カレーとカレーのためのうつわ展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190828日 -  20190903
開催時間
10時00分 - 20時00分
8/31 21時00分まで
最終日18時00分まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
情報提供者/投稿者
開催場所
阪急うめだ本店9階アートステージ
住所
〒530-8350 大阪府
大阪市北区角田町8番7号
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6361-1381

詳細

展覧会内容

■■■■■ はじめに ■■■■■

岡山から飛び出して。
大阪・阪急うめだ本店へいざ進出!!

I・LOVE・カレー!

全国の、そして関西の、カレーファンのみなさま。
お待たせいたしました。

油亀の花形企画。
カレー好き必見。
一年に一度の祭典。

2011年にスタートして
今年で9年目を迎えました。

カレーのためのうつわ展 ー絶品なうつわ、襲来。ー

その勢いは留まることを知らず。
昨夏につづき、再び!岡山を飛び出して。

大阪・阪急うめだ本店の催事
「カレーとカレーのためのうつわ展」としての出張開催が、今年も実現!

まさにカレーの祭典とするべく、現在、最終準備に邁進しております。

この展覧会をはじめたきっかけを思い返してみました。
カレーをこよなく愛する油亀代表(柏戸喜貴)が、
油亀スタッフとカレーを作って食べるとき、
いろんなカレーが出来上がるのに、カレーのうつわはだいたい同じ。

カレーの種類がいっぱいあるのに、
カレーのうつわがついていっていないんじゃないか!?
素直な疑問が浮かびました。
ならば!カレーのうつわを作っちゃえばいいじゃないか!?

そんなひらめきから、この展覧会は生まれました。

今年、阪急うめだ本店に集うのは、
全国各地のカレーが大好きな作り手たち。

カレーがない世界は考えられない。
カレーのことを愛してやまない。
そんな、68名の作り手たちです。

■■■■■ カレーの種類とうつわ・道具の種類 ■■■■■

カレーといっても、いろんな種類がございます。
サラサラカレー。
トロトロカレー。
おふくろが作ってくれた懐かしカレー。
カレー南蛮、カレーうどんに、カレーパン。
野菜カレーに、チキンカレー、
ビーフカレーに、シーフードカレー。

さらには、カレーといえば、忘れちゃいけない、相棒たち。
付け合せの、福神漬け、ピクルス。
辛さに対抗、水、お茶、ラッシー。
食後のチャイに、コーヒー!

フライパンやスプーンだって
味を左右するのです。

カレー皿はもちろん、
カレーにまつわるもの、すべてのために。

全国の作り手が捧げます。
カレーのためのうつわと道具たち。

合言葉は、I・LOVE・カレー!
カレーブーム真っ盛り。
暑さ吹きとぶスパイスのウェーブ。
マイカレー皿で、極上のカレーを召し上がれ。

■■■■■ 出品作品の内容 ■■■■■

北海道から沖縄まで。
全国各地のカレー好きな作り手が68名。
カレーのことを想い、作り上げたうつわ作品が約10,000点超!!

お家の定番カレーにピッタリ、丸や楕円のカレー皿。
サラサラのスープカレーも受けとめる深めのカレー皿。
ドライカレーに使いやすい浅めのカレー皿。

らっきょうを入れたい蓋付きポット。
ピクルスを盛りたい小皿。
サラダを添えるための小鉢。

デザートに欲しいヨーグルトのカップ。
チャイには口当たりの良いカップ。
ラッシーにはタンブラー。
食後の珈琲ならマグカップ。

忘れちゃいけないスプーンも、
すくいやすさにこだわって。

フライパンは一生モノ。
チキンカレーも香ばしく。

はたまた、カレー料理も網羅します。
カレーうどん、カレー南蛮のための丼。
カレーパンをのせるプレート。

カレー好きにはたまらない!
カレーを楽しむためのうつわと道具が大阪・梅田に大集結します。

※会期中には作品の追加・展示替えもございます。
※作品はすべて展示販売いたします。

■■■■■ 出展作家(陶磁器・漆器・木工・ガラス・金属 68名ほか)■■■■■

安藤大悟(三重)、井上尚之(熊本)、内村宇博(愛知)、内山太朗(三重)、馬川祐輔(兵庫)、江口香澄(福岡)、江口誠基(福岡)、大隈美佳(神奈川)、大澤哲哉(愛知)、大園篤志(大阪)岡モータース(愛知)、奥山泉(沖縄)、小倉夏樹(愛知)、加地学(北海道)、加藤祥孝(岐阜)、金澤尚宜(熊本)、叶谷真一郎(兵庫)、栢野紀文(愛知)、喜多代京子(神奈川)工藤和彦(北海道)、工房いろは(沖縄)、五嶋竜也(熊本)、許斐良助(熊本)、木ユウコ(熊本)、シマシマポタリ(沖縄)、白神典大(岡山)、末石昌士(熊本)、須賀文子(岐阜)、高島悠吏(愛知)、高山愛(愛知)高力芳照(岡山)、田川亞希(東京)、寺村光輔(栃木)、土井康治朗(香川)、遠山貴弘(佐賀)、納谷俊徳(福井)、仁城逸景(岡山)、間美恵(滋賀)、長谷川哲也(愛知)、八田亨(大阪)、浜坂尚子(愛知)、肥後仁美(大分)、肥後博己(大分)、ヒヅミ峠舎(山口)、平沢崇義(熊本)、古谷浩一(滋賀)細川敬弘(岡山)、ほりゆめこ(神奈川)、本郷里奈(福岡)、前田一郎(長野)、益子淳一(茨城)、増田光(愛知)、馬渡新平(北海道)、水垣千悦(大分)、ミヤチヤスヨ(愛知)、武者千夏子(北海道)、矢尾板克則(新潟)、八木橋昇(滋賀)、屋代剛右(岡山)、柳川謙治(栃木)、柳忠義(福岡)、山下透(京都)、山村富貴子(岡山)、山本泰三(滋賀)、山脇隆(広島)、吉田崇昭(福岡)、よしのちはる(大分)、ヨシノヒトシ(大分)他

益子焼、信楽焼、常滑焼、美濃焼、瀬戸焼、備前焼、小代焼、染付、三島、鉄釉、呉須釉、飴釉、粉引、掻き落とし、刷毛目、印花、象嵌、白磁、焼締、貫入、漆器、ガラス、木工、金属などなど。

全国各地のカレー好きな作り手が、あらゆる技法と素材を駆使し、カレーのために技を競います。

関連イベント

「カレーとカレーのためのうつわ展」
ほかにも、盛りだくさんの内容で開催されます!

◆「カレーを学ぶ」カレーの相棒を作るワークショップ
陶芸家や鍛造家、造形作家を招いてのワークショップを、連日開催。
雲のカタチのピクルス皿を作ったり。
似顔絵スプーンレストを作ったり。
チークの木でピクルスピックを作ったり。
真鍮でスプーンを作ったり。
スパイスカレーをおいしくする秘密を学ぶ講座まで。

ボリュームたっぷり。
充実のラインナップでお届けします。

特設webサイト
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/curry2019/page05.html

◆「会場で食べる」絶品なカレーが集結
日本全国より、よりすぐり。
伝統的な欧風カレーや、今や空前の大ブーム、スパイスカレーの名店。
さらにはスパイスで未知なる地を開拓!?
カレークリームソーダまで。
会期中に足繁く通い、すべてを味わい尽くす人が続出です。

特設webサイト
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/curry2019/page06.html

◆「水野仁輔が登場!カレーを楽しむ」公開ラジオ放送 カレーの取調室
カレーの人、水野仁輔を招いてのラジオイベント。
日本屈指の大人気カレー店やカレー研究家を招いて、連日のトークショー。
カレーの秘密を取り調べ!
油亀代表も出演いたします!!

特設webサイト
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/curry2019/page01.html

◆スリランカの”生ける伝説”、パブリス・シルワが登場
スリランカ料理において、その名を轟かせる名シェフが、まさかの来日。
このイベントのためだけに、やってきます。
会場では本場のスリランカカレーがお目見え。
最高のスリランカカレーを、日本で味わえ!!

特設webサイト
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/curry2019/page02.html

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。