小早川秋聲ー無限のひろがりと寂けさとー

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190831日 -  20190916
開催時間
10時00分 - 18時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊
入場料
無料
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
加島美術
info@kashima-arts.co.jp
03-3276-0700
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
加島美術
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-3-2
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3276-0700

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

8月31日(土)から9月16日(月・祝)にかけて、関東圏では初めての開催となる小早川秋聲の回顧展「小早川秋聲-無限のひろがりと寂けさと-」を開催することとなりましたので、ご案内いたします。本展では、代表作「國之楯」を据えつつも、その前後に描かれた戦争画以外の作品も多く展示し、日本画家・小早川秋聲の画業と辿ります。

■小早川秋聲とは
大正―昭和の日本画家、従軍画家。兵庫県生。日本画家では唯一の従軍戦争画家として有名。代表作は「國之楯」など。文展や帝展に入選を重ね、中国を度々訪れ、欧州にも渡りました。戦後は宗教画を描きながら過ごしました。

■本展のみどころ
(1)関東圏初めてとなる小早川秋聲単独の企画展開催

(2)陸軍からの依頼で制作された作品ながら、完成後同省から受け取りを拒否されたというエピソードを持つ小早川の代表作「國之楯」を展示します。芸術表現の自由について議論が湧く今、戦争の悲惨さや救いようのなさのみならず、表現の可能性についても問題を投げかける力をも持つ貴重な作品です。関東では普段は見ることができない作品ですので、是非お見逃しなく。

(3)画集『秋聲之譜』(企画:日南町美術館 発行:有限会社米子プリント社)を会期中に限り特別価格の2,000円で販売。(通常定価3,500円)

(4)9月7日(土)15:00〜は、トークイベントを開催します!
小早川秋聲研究者の松竹京子さんと現代美術資料センターを主宰する笹木繁男さんをお迎えし、小早川の魅力を語っていただきます。モデレーターは 泉屋博古館分館(東京) 分館長 野地耕一郎先生です。
※参加無料・予約制・先着順です。参加ご希望は加島美術までお問い合わせください。

企画展特設サイトはこちら→ http://bit.ly/2HijhZS

ご連絡はこちらまで
加島美術
info@kashima-arts.co.jp
03-3276-0700

関連イベント

9月7日(土)15:00〜は、トークイベントを開催します!
小早川秋聲研究者の松竹京子さんと現代美術資料センターを主宰する笹木繁男さんをお迎えし、小早川の魅力を語っていただきます。モデレーターは 泉屋博古館分館(東京) 分館長 野地耕一郎先生です。
※参加無料・予約制・先着順です。参加ご希望は加島美術までお問い合わせください。

主催・協賛・後援

主催:一般社団法人日本美術継承協会、小早川秋聲展実行委員会
協力:日南町美術館、加島美術、BSフジ、Zeppライブ

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。