企画展「東山魁夷のスケッチ ー欧州の古き町にて」

東山魁夷 《静かな町》 1969年 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵 【後期展示】

東山魁夷 《静かな町》 1969年 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵 【後期展示】

    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    会 期
    20190914日 -  20191201
    開催時間
    10時00分 - 17時00分
    入館は16時30分まで
    休み
    月曜(ただし9/16、9/23、10/14、11/4、11/18、11/25は開館)振替休館は、9/17、9/24、10/15、11/5
    入場料
    有料
    一般900円(団体:800円)、高・大学生500円(団体:400円)、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円
    ※()内は20名様以上の団体の場合
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    アサヒビール大山崎山荘美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    アサヒビール大山崎山荘美術館
    住所
    〒618-0071 京都府
    乙訓郡大山崎町銭原5-3
    最寄り駅
    大山崎
    電話番号
    075-957-3123(総合案内)

    詳細

    展覧会内容

    自然との対話を通じて多くの作品を世に送りだし、風景画家と称される東山魁夷(1908 -1999)は、一方で長い歴史のうつろいを宿す町を愛し、はやくからその姿をスケッチに描きとどめてきました。本展は、長野県信濃美術館 東山魁夷館が所蔵する魁夷の欧州取材によるスケッチの数々を中心に構成し、旅のスケッチを元にした本制作約5点も合わせてご紹介いたします。長い時間をかけて描かれる本画と異なり、スケッチにはその折々に画家に沸きおこる感興がそのまま表現されます。

    そこには魁夷の自由で解放された心の動きが感じられ、自然のなかで連綿と続けられてきた人間の営みとそれが創りだした町のたたずまいに抱く強い憧憬を、そして今なおそれを受け継ぎ、自然と調和しつつおだやかな暮らしをしている人々への深い共感を読みとることができるでしょう。欧州の古き町を作品とともに辿りながら、美しい風景を見つけていただければ幸いです。

    前期 2019年9月14日(土)-10月27日(日)
    後期 2019年10月29日(火)-12月1日(日)

    関連イベント

    ■講演会 「東山魁夷の旅と作品」
     講師:尾﨑 正明氏 (茨城県近代美術館館長・本展監修者)
     日時:2019年11月2日(土) 14:00-15:30
     定員:50名、要申込(先着順)
     会場:アサヒビール大山崎山荘美術館展示室
     参加費:無料、ただし美術館入館料は別途必要
     参加方法:返信可能なFAXまたは往復はがきで (1)参加者全員の氏名 以下、代表者のみ(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号をご記入のうえ、「イベント係」まで
       FAX:075-957-3126
       ※申込は1回につき2名様まで
       ※対象は中学生以上
       ※往復はがきの場合は、10月26日(土)必着
       ※電話・メールによる受付はいたしません
       ※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします

    ■ギャラリートーク
     日時:本展覧会中の第2、第4土曜日 14:00-14:30
     会場:当館展示室
     内容:学芸員が本展覧会の見どころを解説いたします
     参加費:無料、ただし美術館入館料は別途必要
     ※事前申込不要

    主催・協賛・後援

    主催:アサヒビール大山崎山荘美術館、日本経済新聞社
    後援:京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、エフエム京都
    特別協力:長野県信濃美術館 東山魁夷館

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。