グループ展『馴染む、けれども はじくvol.2』

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190916日 -  20190921
開催時間
10時30分 - 18時30分
最終日 17:00まで
休み
日曜日
クリエイター在廊
入場料
無料
展覧会の撮影
作品の販売有無
販売有
お買い上げいただいた作品は展示終了後発送となります。
この情報のお問合せ
03-3248-8454
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Art Gallery M84
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座四丁目11-3 ウインド銀座ビル5階
最寄り駅
東銀座
電話番号
03-3248-8454

詳細

展覧会内容

グループ展『馴染む、けれども はじく vol.2』は、どこかで一緒に展示していたり、個人同士で親密だったり、ゆるやかに繋がっており、そんなに疎遠ではないけれども緊密過ぎるわけでもない、不思議なネットワークによって繋がれた作家達8名による作品展です。

 本展示では「欲しくなる作品」をテーマに、作家達がそれぞれの魅力を作品に閉じ込めました。今回展示される作品は、全て購入可能です。

 平面作品中心の作家がほとんどを占めているために、一見“馴染む”ようにも見えますが、表現方法において、それぞれの作品は、調和し、溶け合うことがありません。ビー玉のように“はじき”合い、それぞれの作品に映り込みながら反応し合う「馴染む、けれどもはじく」表現に是非、ご注目ください。

【出展作家 : 敬称略・五十音順】
石本 烈士(イシモト・ツヨシ)、稲石 とおる(イナイシ・トオル)、甲斐 千香子(カイ・チカコ)、高橋 佑弥(タカハシ・ユウヤ)、増田 雅子(マスダ・マサコ)、MICHIRU(ミチル)、安井 蘭(ヤスイ・ラン)、山岸 翔(ヤマギシ・ショウ)。

【石本 烈士(イシモト・ツヨシ)略歴】
その時々の感情や強く影響を受けたものを素材として構築させています。心を反映させた世界であり、自分自身が作品を作っていく基盤となっています。
2016年から八千代市民ギャラリー登録推進活動に参加
《展示歴》
2017年01月 グループ展「ポップアップ絵本展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年03月「第1回登録アーティスト合同作品展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年07月 グループ展「Face to Face展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年10月 グループ展「三人小作品展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年01月「第2回登録アーティスト合同作品展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年08月「第3回登録アーティスト合同作品展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年10月 ライブペイント「キッズフェスタ」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年12月 ライブペイント「アスタマニアナ」八千代市民ギャラリー(千葉)
2019年05月 ライブペイント「エシカルビレッジ」八千代市民ギャラリー(千葉)

【稲石 とおる(イナイシ・トオル)略歴】
かわいいけどカッコいい、かわいいけど奇妙、といった異なる表現を取り合わせて、この世にないものを召喚しようとしています。四角猫の制作注文も受け付けています。
今回唯一の立体作家で、ユーモラスでありながらどこかシュールな作品を制作しています。歌舞伎座の裏というギャラリーの場所にちなんで歌舞伎スタイルの四角猫を展示します。
http://toruinaishi.ciao.jp/
1968年 札幌市出身
1998〜2010年 彫刻家 大平隆洋より彫刻を学ぶ
2018年03年 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース卒業
《展示歴》
2017年09月 個展「その向こうにひとはいない」Artcomplex Center of Tokyo(東京・四谷)
2018年03月 企画展「Animal World 11」Artcomplex Center of Tokyo(東京・四谷)
2018年07月 グループ展「馴染む、けれどもはじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年07月「ART JAPAN 2018」グラスゴー, エジンバラ (UK)
2019年04月「ART TAIWAN & JAPAN 2019」駁2藝術特區大義C8倉庫 (台湾・高雄)
2019年04月「東京インディペンデント2019」東京藝術大学 陳列館 (東京・上野)

【甲斐 千香子(カイ・チカコ)略歴】
日常の風景や感情の変化を記録し、作品化することで時代や環境の変遷を一種のログとして残し、辿れる作品を制作しています。今回は、ライフログの1つである「夢日記」を主題とした作品を展開します。
https://kaichikako.tumblr.com/、https://twitter.com/kaichikako、
宮崎県出身
2014年03月 武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科日本画コース卒業
《展示歴》
2011年04月 個展「かいちかこてん」こすみ図書(東京・曳舟)
2011年07月 個展「ヒガムコパニック」東向島珈琲店(東京・曳舟)
2015年09月 個展「Indecision」GALLERY FREAK OUT(東京・中野)
2016年01月 企画展「On the Steps」Steps Gallery(東京・銀座)
2016年09月 個展「日常麻痺」Steps Gallery(東京・銀座)
2017年02月 ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校第2期生標準コース成果展『ハプニング(直接行動)を待ちながら』ゲンロンカフェ(東京・五反田)
2018年07月 グループ展「馴染む、けれどもはじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年07月 個展「遺影風景」space2*3 (東京・日本橋)
2018年09月 個展「しゅうちゃく」Steps Gallery(東京・銀座)
2019年01月 グループ展「都市の幽霊」Gallery FREAK OUT(東京・中野)
2019年04月 個展「住む、ピース」ジョイフル本田ニューポートひたちなか店2F JOYFUL-2(茨城・ひたちなか)
2019年04月 個展「住む、ピース@千波湖」好文カフェ(茨城・水戸)
2019年06月 企画展「FAVORITE2019」Steps Gallery(東京・銀座)

【高橋 佑弥(タカハシ・ユウヤ)略歴】
主に自我像(自画像を主体とした自己形成の欲求)を通じて、日常的に繰り返される「非概念性を伴う日常の違和感」を描きます。自己と他者との関係性や、自らと対峙して見えてくる確かな存在を、独特の観点で表現し、作品に落とし込んでいます。
http://yuya-art-works.com/
1987年02月 千葉県出身
2014年03月 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース卒業
《展示歴》
2015年09月 グループ展「from 0フロム・ゼロ」横浜市民ギャラリー(桜木町)
2016年03月 アート講座「フレキシブルな日本画の世界 ~伝統・和の魅力とは~」
2016年08月 アート講座「高橋佑弥の世界 現代美術と古典技法 ~自分と向き合う創造の世界~」
2016年12月 グループ展「第1回 八千代市アーティスト展覧会」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年03月 グループ展「市民ギャラリー登録アーティスト展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年07月 グループ展「Face to Face展」八千代市民ギャラリー(千葉)
2017年09月 グループ展「三人小作品展 アートの構造」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年01月 グループ展「16通りの表現に出会う2日間」八千代市民ギャラリー(千葉)
2018年05月 グループ展「キョウノドウキ2018展」三鷹市美術ギャラリー(東京・三鷹)
2018年07月 グループ展「馴染む、けれども はじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年08月「第3回登録アーティスト合同作品展」八千代市民ギャラリー(千葉)

【増田 雅子(マスダ・マサコ)略歴】
作品のモチーフは植物です。枯れる 崩れる 朽ちる 消える をキーワードに、瞬刻の中で見せる美しさや儚さを作品に込めています。
2013年03月 日本書道専門学校本科卒業/専科終了
2019年 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 版画コース在学中
《受賞暦》
2013年03月 日本書道専門学校本科卒業 卒業制作優秀賞受賞
2018年01月「独立書道展」初出展 秀作賞受賞
《展示歴》
2015年02月 二人展「染と墨」銀座幸伸ギャラリー(東京・銀座)
2015年03月 グループ展「照らす展」オノ・ギャラリーくにたち(東京・国立)
2016年03月 グループ展「ピ!」GALLERY FREAK OUT(東京・中野)
2017年02月 二人展「第二回 染と墨」銀座幸伸ギャラリー(東京・銀座)
2017年03月 グループ展「けっこうけだらけ」The Art Complex Center of Tokyo(東京・四谷)
2018年01月 公募展「独立書道展」国立新美術館(東京・六本木)
2018年03月 グループ展「通版生活」文房堂ギャラリー(東京・神田)
2018年07月 グループ展「馴染む、けれども はじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 二人展「第三回 染と墨」銀座幸伸ギャラリー(東京・銀座)

【MICHIRU(ミチル)略歴】
白と黒のコントラストで浮かぶ都市の姿を描き続けています。本展では、引き続き、様々な記憶を包括し移ろいゆく都市という変容体にフォーカスし、新たな手法による表現に挑戦しています。http://michiru.cf/
東京都出身
2015年03月 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 絵画コース卒業
《受賞暦》
2016年02月「第31回三菱商事アート・ゲート・プログラム」入選
2016年17月「Share Art Aword 2016」入選
2016年11月「第33回三菱商事アート・ゲート・プログラム」入選
2017年02月「第34回三菱商事アート・ゲート・プログラム」入選
2017年-06月「第35回三菱商事アート・ゲート・プログラム」入選
2017年10月 美術の祭典 「第43回東京展」入選
《展示歴》
2013年08月 グループ展「うちゅう」gallery re:tail(東京・吉祥寺)
2015年05月 グループ展「三色団子」GALLERY FREAK OUT (東京・中野)
2015年05月 グループ展「色 – harmony 」GALLERY FREAK OUT (東京・中野)
2016年01月 グループ展「新春パラレル展1016」ギャラリーいず(東京・銀座)
2016年02月 第31回「三菱商事アート・ゲート・プログラム・入選」GYRE(表参道)
2016年11月 第33回「三菱商事アート・ゲート・プログラム・入選」GYRE(表参道)
2016年07月「Share Art Aword 2016入選」横浜赤レンガ倉庫1号館(みなとみらい)
2016年09月 interart7 selection展「部屋に飾るアート」ano ano galerie (東京・大塚)
2017年01月 グループ展「on the steps」Steps Gallery (東京・銀座)
2017年01月 グループ展「新春パラレル展2017」ギャラリーいず(東京・銀座)
2017年02月 第34回「三菱商事アート・ゲート・プログラム・入選」GYRE(表参道)
2017年06月 第35回「三菱商事アート・ゲート・プログラム・入選」GYRE(表参道)
2017年08月 個展「MICHIRU作品展」Space2*3 (東京・日本橋)
2017年10月 美術の祭典 第43回「東京展入選」東京都美術館(東京・上野)
2018年01月 グループ展「サロンド東京フレッシュ展」銀座ワン(東京・銀座)
2018年01月 取扱い作家小品展「2018NewYear」space2*3 (東京・日本橋)
2018年07月 グループ展「馴染む、けれども はじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年02月「フレッシュ展」銀座ワン(東京・銀座)
2018年01月「アン回廊美術館」http://www.remus.dti.ne.jp/~anne/corridor.html
2019年01月「2019 space2*3/TK gallery 取扱作家小品展」speace2*3(東京・日本橋)

【安井 蘭(ヤスイ・ラン)略歴】
女性は、鏡を見てその時々の用事に合わせて装いを変える。期待や高揚を纏った彼女達を鏡側から見てみる。生き生きと装う彼女達が愛おしく美しく感じる。私は女性が装うのと同じように、絵画という画面を装う。
2013年 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン科中退
2018年03月 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース卒業
《展示歴》
2011年09月 グループ展「中学生:そこの男子うるさ〜い:展」武蔵野美術大学芸術祭
2012年04月 グループ展「発見展」原宿デザフェスギャラリー(東京・神宮前)
2012年09月 グループ展「ムサゼミ」武蔵野美術大学芸術祭(東京・小平)
2012年10月 2人展「Miss Retoro」南青山SPACEKIDS(東京・青山)
2012年11月 グループ展「キュン道」武蔵野美術大学鷹の台キャンパス(東京・小平)
2012年11月 グループ展「科目展」武蔵野美術大学鷹の台キャンパス(東京・小平)

【山岸 翔(ヤマギシ・ショウ)略歴】
日本画や版画を制作しています。人間の本質や傷、欠落した部分をテーマに描いています。何気ない日常に垣間見える暴力性や孤独といった人間の根源的な部分を追求しています。作家の分身とも言える子どもたちは、見る者に人間とは何かを問いかけます。
1989年 東京都出身
2018年03月 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース卒業
《受賞暦》
2019年05月 ART OLYMPIA 2019 準佳作賞
《展示歴》
2018年07月 グループ展「馴染む、けれども はじく」Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 グループ展「都市の幽霊」 GALLERY FREAKOUT (東京・中野)

【作品展概要】
名  称 : グループ展『馴染む、けれども はじくvol.2』
作 品 数 : 約30点
販  売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2019年9月16日(月) ~ 9月21日(土) 会期中無休
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://artgallery-m84.com/?p=6434
以上

関連イベント

※ 9月16日(月)16:00~18:00に、作品展の会場にて、レセプションパーティーを予定しております。

主催・協賛・後援

Art Gallery M84

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。