齋藤周展「内にある遥か」

  • 印刷する
会 期
20110921日 -  20111009
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
最終日の展示は午後6時までとなります
月曜定休
クリエイター在廊

9/21
この情報のお問合せ
ニュートロン東京
TEL&FAX 03-3402-3021
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
neutron tokyo
住所
〒107-0062 東京都
港区南青山2丁目17-14
最寄り駅
外苑前
電話番号
03-3402-3021

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

雄大な自然に囲まれた大地、北海道。そして地球の裏側まで網の目のように張り巡らされたウェブ・ネットワーク。
二つの広がりを背景に、しかし定置点から自分の「世界」を見続ける画家、齋藤周。
それはまるで飽きることなく写生を繰り返す子供か老人のように、好奇心と哀切の混じった目線をそそぐ。
久しぶりの東京での個展、しかも初の1・2階会場での展示は彼の魅力を余すことなく伝えるだろう。

[主催者コメント]
 北海道で教鞭をふるいながら精力的な制作と発表を10年以上にわたり続けている画家、齋藤周。言うまでもなく広大な大地と空に包まれた土地柄には、摩天楼の中で見る景色とは全く異なる世界を感じ、表現する素地がある。しかし一方ではネット社会と呼ばれる現代の生活において、どこに居ようと、いつ何時でも同じ仮想空間でコミュニケーションを行い、情報や価値観を共有することが可能な世の中でもある。どちらも広がりという意味では似ているが、足元の地面の広さとモニターに映し出されるヴァーチャル世界では、体感出来るリアリティーは大きく異なる。その両者をうまく取り入れて私達の現代生活は便利さと同時代性を約束されるのだ。

 だがいくら環境が整備されようと、やはり人間が立ち得る地点は一生涯にそう多くは無い。移り住むことが無ければ特定の場所で人生を全うすることもあろうが、それをもってして「世界が狭い」と指摘することも、また感じることも、容易いが的を得てはいないだろう。そもそも人間をはじめ生物にとって「世界」とは自分が存在してこそ発見できるものであり、その手応えは自分が五感を通じて得る直接的な情報によって確かなものと認識される。従って、どれだけ詳細に地球の反対側の彼の地の話や写真を見聞きしても、そこはまだ当人の「世界」には属さない。あるいはネット上で遠く離れた異国の友達とコミュニケーションしようとも、果たして本当にその相手がどこに生活し、何を見て、何を食べて、どういう背景で生きているのかを知るのは簡単では無い。「世界」とは自分が足を伸ばして辿り着いた先に存在し得る実感のことであり、人類が長い歴史を経て編纂した地図にはその可能性が記されているに過ぎないのだ。

 齋藤周が札幌という定置点で生活し、制作する事は即ち私達それぞれがどこかに居住し、仕事をし、人生のある一定の時間を過ごすことと本質的には同じである。土地柄は違えど、彼は決して北海道の悠然とした風景画を描くタイプの作家ではなく、むしろ何処にでも存在するであろう日常の(それはとても当たり前で幸福な日常の)些細な瞬間の出来事の記録であり、スナップであり、時間を飛び越えて残される小さな地図でもある。公園や街の片隅で見かけた何気ない子供の居る状景。自分が直接的に関わるのではなく、常に傍観者として、あるいは成り行きを見守る無関係の立場として切り取られたイメージは、画面の上にデフォルメされ、色彩をアレンジされ、情報の選別を経て普遍的な像として定着する。その一連の作業、制作を何と呼ぼうかとあえて考えるなら、それは私達が小学生の頃に広場や公園に出て行った「写生」そのものに他ならない。

 だが、当時の私達は風景を忠実に再現し、色を的確に選び、あるいは作り出し、上手に描くことが良い事だと信じてやまなかった。齋藤周のモチベーションが其処には無いのは明らかであるが、彼は愚直なまでに自分の世界を知る術を「写生」に託し、年月をかけてそのスタイルを磨き上げ、画面には決して執着し過ぎず、さらには作品としての絵画そのものをインスタレーションのピースとして物質的に・無造作に取扱い、それら全てが自分の実感してきた世界の表れ、証拠であることをあっけらかんと示そうとするのだ。

 縦横無尽に走らされる色彩と構図の妙はこの作家ならではの柔軟さの表れでもあり、決して額の中や空間に閉じ込められない世界の有り様を見せたい気持ちの発露でもある。そうして彼の作品展示における一つのスタイルは確立されてきた。そこには様々な描写や色や形が溢れるが、私達がふと目を留めて見入る部分は人様々、きっと違う箇所であろう。おそらくそこは齋藤周という人物と私達が共通して気になる何かを示している所であり、人と人が表現を媒介に繋がり合うフィールド上の「接点」と呼べる場所である。齋藤周はそうして私達に常に接点を提示している。だからだろうか、彼の作品を見る時に常に感じるささやかな哀切のような感覚は。彼の世界地図には私達との出会いが予見され、その先の別れまで予感させるかのように。

                                                            gallery neutron 石橋圭吾

[作家ステートメント]

「 内 に あ る 遥 か 」

いつも見ている風景の中にくり返される小さな気づきを拾い上げ、
色とかたちに変えています。

それらの目に見えない個人的な気づきは、実は多くの人に共通する普遍性を持ち、
人と人が深いところで反応しあいながら進んでゆける可能性をはらんでいます。
こだまのように。

今の場所への新しい意識とその先を見つめる想像力が、
遥かな風景につながっていく気がしています。

齋藤 周

関連情報

★初日21日(水)の18:00-20:00迄、会場にて作家を交えてのオープニングパーティー開催(無料)。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。