黒田克正展 -イメージの集積と拡散 祝祭

黒田克正「響き」 2018  アクリル、キャンバス  60.5x145.5cm

黒田克正「響き」 2018 アクリル、キャンバス 60.5x145.5cm

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20190902日 -  20190921
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    日・祝
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    黒田克正は1945年滋賀県生まれ。武蔵野美術大学、東京藝術大学大学院修了後、1988年に日本国際美術展大賞を受賞し、以後国内外で作品を発表。ニューヨークのグラフティアートに影響を受け、油彩にとどまらず、様々な素材を駆使したパワフルで即興的なペインティングが特徴です。
     また、音楽家長谷川きよし、三宅榛名、女優吉行和子、舞踏家大野一雄等の舞台美術を手がけるなど、美術の垣根を越えて幅広く活躍。さらに2001年には京都女子大学で京都真如堂管主、画家の齋藤真成氏とのセッション、’06年には陶芸家清水六兵衛氏とそれぞれコラボレーション展を行ない、世代を超え互いの価値観がせめぎあう作品は好評を博しました。
    今回の新作展は2年ぶりの発表となります。以前よりもさらに複雑に多くの線描と色相が交錯し、重厚な印象の作品になりました。100号の大作を中心に10数点の展示となります。この機会に是非ご高覧下さい。

    <作家コメント>
    制作は「生きる」とともにある行為だ。見た、感じた残影。時間とともに記憶の底に沈殿し、時折立ち現れる。
    それらは妄想や幻想と混じり合って、枯渇することは無い。ペインティングは嘘。虚偽から湧き出る筈の真実を信じよう。
    僕の生のままに、気まぐれで狂暴でありたいものだ。描画する嘘の快楽に、どっぷり漬かりながら…。

    黒田克正

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。