吉田十七歳個展 『劣等生だけ死なないで』

《運動する四体》 2018年 41×41 紙にアクリル

《運動する四体》 2018年 41×41 紙にアクリル

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190720日 -  20190728
開催時間
14時00分 - 20時00分
休み
水・木
入場料
無料
この情報のお問合せ
パープルームギャラリー
情報提供者/投稿者
開催場所
パープルームギャラリー
住所
〒252-0241 神奈川県
相模原市中央区横山台1丁目
最寄り駅
相模原
電話番号
-

詳細

展覧会内容

はじめに

この度パープルームギャラリーでは吉田十七歳の個展『劣等生だけ死なないで』を開催いたします。吉田は1年前にパープルーム予備校にきました。パープルーム予備校にはいろんな出自の人がいますが吉田は美術受験に失敗し1年間地元のショッピングモールの飲食店でバイトをしたのち相模原に引っ越してきました。現代美術には免許もなければライセンスも必要ありません。しかしながらわたしたちの現代アートの世界では美術大学を卒業したプレーヤーが大半を占めます。パープルーム予備校はこの現状を一種の学閥によるゆるやかな独占状態と認識し、それを打開するにはどうすれば良いのか試行錯誤を繰り返してきました。本展は今年21歳になる吉田の能力や才能をパープルームが見出し紹介するという性質のものではありません。
美術界でしばしば見落とされがちなのは個人の経験やプレゼンスと作品はそこまで関係ないということです。
作家にとってのピークは美術大学を卒業した瞬間の人もいれば50歳の人もいますが、新人、中堅、大御所という選別はそれを見えにくくしています。したがって、吉田の初個展というこの機会を特別なものでも、新人作家の練習試合としてでもなく、これまでパープルームギャラリーが開催してきた展覧会と等価値なものとして捉えています。本展のタイトルにある「劣等生」というワードは美術家の梅津庸一が美大教育とコマーシャルギャラリーで扱われていた絵画を相対化したテキスト「優等生の蒙古斑」(2012)への吉田からの応答と言えるでしょう。

本展について

本展は吉田がこの1年間取り組んできた抽象画のシリーズと自身のエッセイよって構成されます。機能不全を起こしているモダニズムと身近なものや個人の経験をボーダレスに接続しようする「フラジャイル・モダン・ペインティング」と吉田の作品は一見すると近しいところがあるように見えますが吉田は彼らとは違った抽象絵画を志向しています。それは「フラジャイル・モダン・ペインティング」の画家たちが定型の文法に微妙なニュアンスを付与し解釈を鑑賞者に委ねるという戦略をとる一方、吉田は「目をうにょっとさせたい。目を運動させたい。」と言います。それは絵の中で目が強制的に運動させられることを意味し、微動だにしない絵画を見た鑑賞者に「動物」になることを要請するというものです。吉田の絵には頻繁に四角、三角、丸など幾何学的な形態が繰り返し登場しますが、それらは身近なものや過去の絵画の記憶を幾何学に還元したわけではありません。
美大の日本画科の受験を断念した吉田にはアカデミック美術教育がインストールされていませんでした。しかしそれによって吉田は近代のアカデミックな美術教育に拘束されずに「仕事」を始めることができました。基礎の上に上位概念として「抽象」がありのではなくはじめからそれに取り組んできました。本展では吉田作品がいかなる理念によって駆動しているのか、その一端が垣間見えることでしょう。

関連イベント

「パープルームと諭吉佳作/menの邂逅。」

諭吉佳作/menさんにパープルタウンをご案内したり、パープルームメンバーと交流していただいたりするという未知の企画。
※イベントの日程は非公開ですが、当日の様子は後日パープルームTVで放送!!

主催・協賛・後援

企画|パープルーム
協力|パープルーム予備校

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。