飯沼英樹 + コーエン フェルミュール 「POEM」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190713日 -  20190810
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
日・月・火・祝
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
SNOW CONTEMPORARY
情報提供者/投稿者
開催場所
SNOW Contemporary
住所
〒106-0031 東京都
港区西麻布2-13-12 早野ビル404
最寄り駅
六本木
電話番号
03-6427-2511

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

SNOW Contemporaryでは2019年7月13日(土)から8月10日(土)まで、飯沼英樹とコーエン フェルミュールによる二人展「POEM」を開催いたします。

飯沼英樹は、2002年愛知県立芸術大学大学院卒修了後、ナント国立美術大学(フランス)に入学し、2006年までヨーロッパ各地を拠点に活動していました。日本帰国後は、六甲山に屋外展示をした「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」から新宿LUMINEの店内展示や新宿の三越伊勢丹のウィンドウ、木彫作品約120点を出品した松本市美術館での大個展「戦ウ女神タチ」(2016)まで、既存のアートスペースにとらわれない様々な場所と機会で作品を展示し、その華やかで都会的な世界観が発表の度に大きな話題となってきました。

一方、1965年生まれのオランダ人画家であるフェルミュールは、1992年オランダ国立芸術アカデミーを卒業。その後、ドレスデン美術館(ドイツ)、アルテ・マイスター絵画館(ドイツ)、Gerhard Hofland(オランダ)など、世界各国の美術館やギャラリーなどで作品を発表し、2017年には母国オランダにて権威あるSacha Tanja Penning art awardを受賞しました。雨上がりの濡れた地面や夕暮れ時の長い影、夜明けの強い光などを背景に現代の人物像を組み合わせた作風は、伝統的なオランダの風景画とは異なり現代社会が抱える静かな孤独が感じられ、多くの共感と支持を得ています。

飯沼が制作する木彫とフェルミュールが描く絵画。両者の表現メディアは異なりますが、10年以上の親交を通じて飯沼はフェルミュール作品における余白のある世界観に人間の営みや空気感を感じ、日本の俳句にも似た想像力の広がりを感じたと言います。飯沼作品においても飯沼自身の主観性を明示せず、観客に能動的な鑑賞を促す作品スタイルは、少なからずフェルミュールからの影響があると言えます。

この2人の展覧会は、2008 年にオランダで開催されてからおよそ 10 年ぶりとなります。まさしく詩(=POEM)のように現実をずらして表現することで形成される空気感や知覚の繊細さ、重なり合うストーリーなどを感じさせるフェルミュール作品を通じて、飯沼の創造する女性の強さや美しさの中に、これまでとは異なる新たな魅力を発見する機会となれば幸いです。

関連イベント

オープニングレセプション:7月13日(土)18:00 - 20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。