村越としや「FUKUSHIMA」—Photographs—

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20111005日 -  20111210
開催時間
10時00分 - 16時00分
休み
水木金曜日開廊
10月20日、11月3日、16日、23日は休廊


この情報のお問合せ
空蓮房
kurenboh@nifty.com
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
空蓮房
住所
〒111-0051 東京都
台東区蔵前4-17-14 長応院内
最寄り駅
蔵前
電話番号
-

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

10月5日より12月10日まで、水木金曜日(10時から16時)、メールでのアポイントメント制拝観にて、台東区蔵前寺院長応院境内にございます瞑想ギャラリー「空蓮房」で、「FUKUSHIMA」と題し、写真家、「村越としや」の展覧会を開催致します。

彼は福島県須賀川市出身(b.1980)、実家は酪農家であります。これ迄、福島を中心とした郷里を撮影し東京でその作品を精力的に発表して来ました。近著「草をふむ音」(蒼穹舎)「浮雲」(TAP)は誠に名著であります。その後、今回の震災がありました。彼は、諸問題を抱えながらも現在も福島を撮影しております。

原発を中心とした諸問題は、彼のみならず、私達にも大きな問題として今なお動揺を抑えきれません。物質近代文明の慢心さ、人間の無明さ。村越氏の作品を通し、福島のケースを一例に真に回帰する機会として展覧会を開きます。

福島の震災前後の写真を取り混ぜてのインスタレーションですが、視覚にはどれほど違いがあるか明確ではありませんが、心の眼を持って作者と共有を求める事によって不可視な問題がリアリティを持って大きな方向へと向かわせる事でしょう。

==================================================================================================================

3.11。それは、人類に懐疑と無力を見せつけた。特に福島原発災害によって翻弄される人類は「思う様にしたい」という無明故の近代物質文明の終焉を見る有様であり、我々は何処へ向かうのかの問いに盲目になってしまった。しかしあらためて問う。縁起無常の真理は変わったか。君は死んでいるか。
ここに福島県須賀川市出身の若きふるさと写真家「村越としや」の震災前後の作品を通して不可視な問題を提示する。
                                                                             空蓮房

「故郷には、今まで過ぎていった僕の時間があり、きっとこれから過ぎていく僕の時間ある。
それらが積み重なり、自身(写真)になってゆくと思っていた。
でも震災直後の原発事故で、故郷がなくなるかもしれないと思った。それは僕の過去と未来が無くなることで現在までも無くなって、自分自身が失われてしまうんじゃないかとゆう不安があった。
でも、そんなことをいってられないくらいに状況はよくないことが少しずつわかってきて、福島で生まれ育ったんだから、今の福島を撮る必要があると思った。そして写真を使って少しでも自分の愛すべき場所を助けたい、いつもの故郷に戻るように願うだけじゃなく、まだ何をしたらいいかなんてわからないけど少しでも行動したい。」 
                                                                             村越としや

==================================================================================================================

Fukushima

The 3.11 tragedies have exposed the impotence and doubtful aspects of humankind. The human species is now being tossed about by the Fukushima nuclear plant disaster. We have been placed in a situation where we can see the end of modern material civilization that was built up through our ignorant goal to “satisfy all our desires.” Hence, we have become blind to the question, “Where are we going?” But allow me to ask, “Have there been changes to ‘the truth’ that all phenomena come into existence through cause and effect, but that all that has been built is transient?” and “You are not dead, are you?”
This exhibition presents the fundamental problem that can guide us to “the truth,” via the eyes of the young photographer Toshiya Murakoshi, whose hometown is Sukagawa, Fukushima.
                                                                       Kurenboh
 
My hometown holds “my time” that I have spent in the past, and the “my time” that I hope to spend in the future.
I had never doubted that the “my time” that has accumulated in my hometown is what nurtures me (and my photographs).
But because of the nuclear disaster that happened right after the earthquake, I thought that I might lose my hometown. This would mean that by losing my past and my future, my present might also vanish. I also feared that I might end up losing my own self.
But I slowly began to realize that the situation in Fukushima was much worse than I thought, to the extent that I could not afford to think about my personal feelings. Because I grew up in Fukushima, I felt the need to take photos of the present sights there. By utilizing my photos, I want to help out my beloved town, no matter how slight that might be, rather than just praying that my homeland will recover one day. I do not exactly know what I should do, but even if it is only a small token, I want to take a step forward.
                                                                       Toshiya Murakoshi

関連情報

12月10日は 15:00より恒例「写真供養」を予定
詳しくは www.kurenboh.com

特記事項

拝観をご希望の方は kurenboh@nifty.com までメールにてご連絡ください。
(※お名前、希望日、人数をお知らせください)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。