加藤泉‒LIKE A ROLLING SNOWBALL

「無題」カンヴァスに油彩 103.5 x 73 cm 2019 年 Photo: Kei Okano ©2019 Izumi Kato

「無題」カンヴァスに油彩 103.5 x 73 cm 2019 年 Photo: Kei Okano ©2019 Izumi Kato

openstatus
あと119日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190810日 -  20200113
    開催時間
    11時00分 - 17時00分
    水曜は20時00分まで/入館は閉館時間の30分前まで
    休み
    ⽉曜⽇(2019年8⽉12⽇、9⽉16⽇、23⽇、10⽉14⽇、11⽉4⽇、2020年1⽉13⽇を除く)、 2019年8⽉13⽇、9⽉17⽇、24⽇、10⽉15⽇、11⽉5⽇、年末年始
    入場料
    有料
    一般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円、70 歳以上 550 円/原美術館メンバーは無料、学期中の⼟曜日は⼩中⾼⽣の⼊館無料/20名以上の団体は1⼈ 100 円引
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    原美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    原美術館
    住所
    〒140-0001 東京都
    品川区北品川4-7-25
    最寄り駅
    品川
    電話番号
    03-3445-0651

    詳細

    展覧会内容

    原美術館(東京都品川区)と別館ハラ ミュージアム アーク(群⾺県渋川市)において、「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」展を開催します。
    原始美術を思わせるミステリアスで⼒強い⼈物表現を特徴とする加藤泉は、1990 年代半ばより絵画作品を発表、2000 年代に⼊ると⽊彫も⼿がけ、2007 年ヴェネチアビエンナーレ国際美術展への招聘をきっかけに国際的な評価を獲得し、⽇本・アジア・欧⽶とその活動の舞台を広げてきました。
    近年ではソフトビニール、⽯、ファブリックなど多様な素材を⽤いたダイナミックなインスタレーションを展開する⼀⽅で、新たに版画制作にも取り組むなど、その意欲的な創作活動に多くの注⽬を集めています。
    東京の美術館としては初の⼤規模個展となる原美術館では、新作の絵画、彫刻作品約30点を、元々は個⼈邸宅として建てられた独特の建築空間と対話するように展⽰します。
    また、別館のハラ ミュージアム アークでは、作家秘蔵の未発表作品も交え、代表作を中⼼に約100点にのぼる圧倒的なスケールの作品群でこれまでの活動を振り返ります。
    ときは令和元年―時代の⼤きな節⽬を迎えたこの時期に、東京と群⾺、全く異なる展⽰空間を持つ両館で、加藤泉の初期から最新作までを同時期に展観し、その全貌に迫る本展は、平成を駆け抜けてきた加藤泉の表現世界を改めて検証し、その令和での展開を占う好機となることでしょう。

    [みどころ]
    加藤泉の現在、最新作約 30 点を展観し、今後を占う
    吹き抜けのギャラリー1 では、加藤泉の新たな試みの⼀つである、⼤判のファブリックを⽤いたインスタレーションがお⽬⾒えします。ほか全館で絵画や彫刻など最新作約 30 点を展観、ストローク跡も⽣々しい加藤による表現世界の現在が出現します。旧個⼈邸宅ならではの親密な距離感での鑑賞体験は、加藤作品の新たな⼀⾯を発⾒する契機を提供してくれるかもしれません。
    しつらえにこだわりを⾒せる加藤ならではの、展⽰ケースを使った空間構成にもご注⽬ください。

    関連イベント

    日曜には、当館学芸員によるギャラリーガイドがあります。(2:30 pmより、30分程度)

    主催・協賛・後援

    主催:原美術館
    特別協⼒:ペロタン

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。