交流と実験 ー新時代の〈やきもの〉をめざしてー

特別企画「交流と実験」チラシ表
openstatus
あと46日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190618日 -  20190906
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    (最終入館16:30)
    休み
    休館: 月曜日、ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・振)は開館し、7月16日(火)、8月13日(火)は振替休館
    入場料
    有料
    一般500円(400円)
    高大生380円(300円)、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    企画問合せ先(担当学芸員):
    滋賀県立陶芸の森  学芸課 鈎 真一
    Mail:shinichi.magari@sccp.jp
    Tel:0748-83-0968 Fax:0748-83-1195
    お客様からの問合せ先(代表):
    Tel: 0748-83-0909 Fax. 0748-83-1193
    Mail: info@sccp.jp
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    滋賀県立陶芸の森
    住所
    〒529-1804 滋賀県
    甲賀市信楽町勅旨2188-7
    最寄り駅
    信楽高原鐵道「信楽駅」
    電話番号
    0748-83-0909

    詳細

    展覧会内容

     作陶に関わる人であれば、一度は訪れてみたい憧れの“聖地”信楽。滋賀県立陶芸の森では1992年の開設以来、国際文化交流の拠点として、53カ国1200人余りのアーティストが創作活動を繰り広げてきた。その取り組みは広く国内外で認知されるとともに、産地信楽の動向と関わりながら、新たな〈やきもの〉文化の創造に大きく寄与している。
     陶芸の森ではこうした国際性豊かな実績を活かして、情報化とグローバル化の急速な進展に対応すべく、近年は海外のレジデンス機関との連携強化に努めている。とくに、国際的なネットワークを活用した、交換プログラムの導入は、時代を見据えた取り組みといえるであろう。海外での制作経験と、交流の機会を求めるアーティストを支援している。
     異国での<交流と実験>で、彼らは何に興味や関心をもち、どのような成果を得てきたのか。本展では、その取り組みを作品と彼らの言葉などを介して紹介。また、国内外の作家が信楽で制作した作品も交えつつ、現代の“やきもの”をめぐる多様な展望を模索してゆく。

    関連イベント

    (1)ギャラリートーク 7月14日(日)・8月11日(日) 両日とも13:30~1時間程度 (申込不要)
    (2) 親子向け特別講座: 事前申込制・先着順(定員30人)・参加費1,200円
    夏休み 子どもやきものシリーズ<陶芸家の工房訪問と作陶体験>
    ① 粘土の板からカップをつくろう! 7月20日(土)
    ② 葉っぱのお皿づくり 7月21日(日)
    ③ お団子ねんどからお皿ができる! 7月27日(土)、8月3日(土)
    ④ お花の器づくり! 7月28日(日)
    ⑤ ハンコで押して簡単お皿づくり! 8月4日(日)

    主催・協賛・後援

    主催: 滋賀県立陶芸の森、京都新聞
    後援: 滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。