富野由悠季の世界-ガンダム、イデオン、そして今

 ⓒ手塚プロダクション・東北新社 ⓒ東北新社 ⓒサンライズ ⓒ創通・サンライズⓒサンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル ⓒSUNRISE・BV・WOWOW

 ⓒ手塚プロダクション・東北新社 ⓒ東北新社 ⓒサンライズ ⓒ創通・サンライズⓒサンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル ⓒSUNRISE・BV・WOWOW

openstatus
あと12日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190622日 -  20190901
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    7・8月の金・土は20時00分まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日 (ただし、7月15日と8月12日は開館し翌日休館)
    入場料
    有料
    一般1,400円(1,200円)、高大生700円(500円)、小中生500円(300円)
    ※()内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金。 ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    子連れ
    この情報のお問合せ
    福岡市美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    福岡市美術館
    住所
    〒810-0051 福岡県
    福岡市中央区大濠公園1-6
    最寄り駅
    地下鉄空港線 大濠公園/七隈線 六本松
    電話番号
    092-714-6051

    詳細

    展覧会内容

    アニメ界デビューから55年――富野由悠季、初の回顧展!
    『機動戦士ガンダム』(1979年)、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年)などの「ガンダム」シリーズの他、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えてきた富野由悠季(1941年神奈川県小田原市生まれ)のこれまでの仕事を回顧、検証する初の展覧会を開催します。

    「虫プロダクション」に入社して『鉄腕アトム』制作に関わった駆け出しのころから現在に至るまで、55年間に渡る富野の仕事を通覧します。そして彼がこれまで監督してきた各作品の映像的特質を、富野直筆の絵コンテや、富野と仕事を共にしたクリエーターたちのデザイン画、原画、撮影に使われたセル画などの原資料を元に検証します。また、自らの作品世界を掘り下げた小説、主題歌等の作詞、様々な分野の人々との対話など、富野のマルチな活動と才能も見逃せません。本展では、こうした側面にも焦点を当てます。時代や人々に与えてきた影響と、彼が訴え続けたメッセージとは何かを紐解きます。

    主催・協賛・後援

    主催:福岡市美術館、西日本新聞社、九州朝日放送
    助成:公益財団法人福岡文化財団
    企画協力:神戸新聞社
    協力:サンライズ、東北新社、手塚プロダクション、オフィスアイ
    後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団、西日本鉄道、九州旅客鉄道

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。