「綴プロジェクト」─高精細複製画で綴る─スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

「綴プロジェクト」─高精細複製画で綴る─スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展
openstatus
あと38日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190625日 -  20190825
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    入館は17時00分まで
    休み
    月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)
    入場料
    有料
    一般1,000 円<800 円>、高校生・大学生700 円<560 円>、中学生300 円<240 円>、65 歳以上700 円<560 円>、障がい者300 円<240 円>
    ※< >は団体料金 ※団体は有料のお客様20名以上。 ※小学生以下は無料。 ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。 ※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。 ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の1名まで障がい者料金でご覧いただけます。(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)
    ◎本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    墨田区・すみだ北斎美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    すみだ北斎美術館
    住所
    〒130-0014 東京都
    墨田区亀沢2-7-2
    最寄り駅
    両国
    電話番号
    03-6658-8936

    詳細

    展覧会内容

    日本では決して観られない、逸品ぞろいの北斎13作品
    高精細複製画で、日本国内で初のお披露目がかないました!

    日本美術の宝庫として知られるフリーア美術館(米国ワシントンD.C.)は、所蔵品に関して門外不出の方針を貫いているため、日本でその名を知る人は多くありません。
    そこで本展では、フリーア美術館の協力のもと、京都文化協会とキヤノンが推進する「綴プロジェクト」によって、同館が誇る世界最大級の北斎の肉筆画コレクションの中から13点の高精細複製画を製作、これをすみだ北斎美術館が所蔵する約130点の関連作品と共に展示します。
    六曲一双の大作「玉川六景図」に関する詳細な研究をはじめ、フリーア美術館所蔵の肉筆画「波濤図」(※展示は高精細複製画)と、当館所蔵の版画「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波の表現を比較展示するなど、最先端のデジタル技術と本物の作品の競演を通じ、北斎芸術の神髄に迫ります。

    第1章「玉川六景図」の研究
    フリーア美術館収蔵の六曲一双の屏風「玉川六景図」は、現在の仕立てでは右隻に人物、左隻に風景となっていますが、明治時代の文献や写真資料に基づく新たな研究により、後年に、その配列が再構成されていた可能性が高いことが明らかにされました。本展では、この新しい発見による当時の配列での展示を試みています。

    第2章 古典と伝説
    この章では鬼神や漁師、鬼や蛇など、北斎が多く描いた日本や中国の古典や伝説をテーマとした作品を展示します。力強い雷神や愛嬌のある雷神、恐ろしい霊鬼など、同じ画題であってもバラエティーに富んだ表現が登場します。

    第3章 美人画
    北斎はさまざまな美人の描き方を試みながら多彩なスタイルを確立していきました。各期の描き方の特徴が良く表れているフリーア美術館の作品と当館の所蔵作品を合わせてご覧いただき、北斎の美人画の魅力をご紹介します。

    第4章 動物と植物
    北斎の画業を語るうえで欠かすことのできない要素、動植物の展示です。『北斎漫画』をはじめとする絵手本や、読本の挿絵、肉筆画においても、北斎は自然に対する類まれな観察眼と描写力によって、一つ一つの線がまるで生きているように描くことを生涯にわたって目指しました。

    第5章 自然と風景
    フリーア美術館が所蔵する肉筆画の中には、富士山を背景として人物を点景とする構図や、波の表現などを見ることができます。北斎が繰り返し描いた自然のモチーフに焦点を当て、その表現を比較します。フリーア美術館所蔵の肉筆画「波濤図」と、当館所蔵の版画「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の競演です。

    綴プロジェクト(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)
    オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン株式会社が推進している社会貢献活動です。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と、京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作し、寺社や美術館等に寄贈しています。

    ◎前期:6 月25 日(火)~7 月28 日(日)
    ◎後期:7 月30 日(火)~8 月25 日(日)

    関連イベント

    ■講演会「北斎の肉筆画」
     講師 :フランク・フェルテンズ ※講演は日本語です(国立スミソニアン協会フリーア美術館 日本美術担当学芸員)
     場所 :MARUGEN100(講座室)
     日時 :6 月29 日(土)14:00~15:30 予定(開場13:30)
     定員 :60 名
     料金 :無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です)

    ■スライドトーク「綴プロジェクト」-高精細複製画で綴る-スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展の見どころ
     講師 :当館学芸・教育普及担当 ①奥田敦子 ②長谷川暢子
     場所 :MARUGEN100(講座室)
     日時 :①7 月6 日(土)14:00~14:30 予定(開場13:30)②8 月3 日(土)14:00~14:30 予定(開場13:30)
     定員 :各60 名
     料金 :無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です)

    ■ワークショップ
    1)子どものためのワークショップ「きったり、はったり、えがいたり びょうぶづくり!」
     講師 :当館学芸・教育普及担当
     場所 :MARUGEN100(講座室)
     日時 :8 月10 日(土)14:00~16:00 予定(開場13:30)
     対象 :小学生以上
     定員 :20 名(事前申込制となります。詳細はHPをご覧ください)
     料金 :無料(ただし、観覧券または年間パスポートが必要です)
     内容 :フリーア美術館所蔵の屏風「十二ヶ月花鳥図」(高精細複製画)をゆっくり鑑賞したあとに、それぞれの1 年間をテーマにした「十二ヶ月〇〇びょうぶ」をつくります。絵具や墨、カラーペーパー、毛糸など、好きな素材を自由に使ってびょうぶに描きます。

    2)「じっくり日本美術」
     講師 :当館学芸・教育普及担当
     場所 :MARUGEN100(講座室)
     日時 :8 月17 日(土)14:00~16:00 予定(開場13:30)
     定員 :20 名(事前申込制となります。詳細はHPをご覧ください)
     料金 :無料(ただし、観覧券または年間パスポートが必要です)
     内容 :フリーア美術館所蔵作品の高精細複製画のうち屏風と掛軸を実際に手にとって作品の取扱いを体験!鑑賞のポイントなどもお話します。作品とじっくり過ごすワークショップです。
    ※1)・2)ともにフリーア美術館所蔵「十二ヶ月花鳥図」(高精細複製画)などをつかったワークショップです。

    主催・協賛・後援

    主催 :墨田区・すみだ北斎美術館
    特別協賛:キヤノン
    特別協力:スミソニアン協会フリーア美術館
    協力 :京都文化協会

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。