高橋常政 展 -見つめてくる「イメージ」を見つめて

高橋常政 「硬イ海ヲ泳グ黒イ亀ノ上ノ白イサイ」   水彩、アクリル、墨、金箔、ミクストメディア、和紙、パネル  51.0x92.0cm

高橋常政 「硬イ海ヲ泳グ黒イ亀ノ上ノ白イサイ」  水彩、アクリル、墨、金箔、ミクストメディア、和紙、パネル 51.0x92.0cm

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20190624日 -  20190713
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    日・祝
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    高橋常政(たかはし・つねまさ/ b.1949東京)は'74年にウィーン、ハンブルクに渡り、R. ハウズナー、E. フックスに師事。主に油彩、テンペラの混合技法を学び、ウィーンで個展を開催。以後約4年間ヨーロッパで活動しました。
    帰国後は、個展やグループ展などで作品を発表。その傍ら雑誌の挿絵、本の装丁、表紙画のイラスト、絵本など約40年に渡り画家、イラストレーターとして活躍。劇団四季ミュージカルのポスターデザインなども長く手掛けています。ギャルリー東京ユマニテでは1985年に初個展。その後も発表を続け、2011年には18年振りの個展を開催し、今回は4年振りの新作展となります。

    高橋はその時々で興味のある絵画を徹底的に研究し、自身の作品を通して読み解いていきます。前々回の個展では、アンジェリコ、ボッティチェッリと室町期の等伯、狩野派、宗達、そして若冲などに焦点を当て、色彩豊かな油彩テンペラで、ヴィーナスをイメージさせる女性像に若冲の「動植綵絵」を彷彿とさせる動植物が渾然一体となった作品を発表しました。さらに前回(2015年個展)には、菩提寺である蓮華寺(東京・巣鴨染井)のふすま絵制作の機会を得、中国北宋と、室町から江戸末期の絵画を研究し、いわゆる滲みの水墨画ではなく、墨で鮮明に描く「墨描画」で10mものふすま絵を発表しました。

    金箔の海に横たわる巨大で躍動感あふれる魚やサイ、象。今回の新作も圧倒的な存在感を放つ3mもの大作を中心に、動物や風景、人物像など様々なモチーフを描いた作品を約50点発表します。日々精力的に描き、あふれ出す沢山のイメージと格闘する高橋の新作、今回もお見逃しなく是非ご高覧下さい。

    [作家コメント]
    「見つめてくる「イメージ」を見つめて」
    「イメージ」は無限にある、と不用意に断定してみます。もしも「イメージ場」があるのなら、イメージのかけらは無限にあるのか。そうするとイメージのかけらは質量のような「意味」があるように見えてくるのかもしれない。
    僕の机上はイメージメモが散乱しています。全てが作品になることはなく、ほとんどは泡のように消えていきます。その中の少しのイメージが僕を見つめ返してくる。早く描けとそのイメージが変貌していきます。何かの深淵を覗き込むような、とても怖いときがある。それが美しいのか気持ち悪いのか描かないとわからない。僕の制作は「応急措置と対症療法」のようなもので、ただ立ち会っているだけのように思えます。白い画面に下地の色を塗っただけで「イメージ」が休みなく要求してくる。このままでは消えてしまうよ、と見つめ返してくる。 
    なぜ描くのかという疑問はもう全くない。「イメージを見つめる」ことは日常の掃除と洗濯と同じ様相。作品は、今「見つめ返してきたイメージ」への対応の痕跡にすぎず、僕の絵には「意味」がない。空中に留まっている動かない葉っぱのようなものです。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。