「ロボット」誕生100年記念 チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台

本展ビジュアル
タグ
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190608日 -  20190715
開催時間
10時00分 - 20時00分
休み
6月18日(火)
入場料
有料
一般:400(300)円  学生:300(200)円
※( )は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金 ※再入場可 ※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料 ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
三菱地所アルティアム
情報提供者/投稿者
開催場所
三菱地所アルティアム
住所
〒810-0001 福岡県
福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
最寄り駅
福岡
電話番号
092-733-2050

詳細

展覧会内容

100年前に「ロボット」という言葉を生み出した、チェコのチャペック兄弟
彼らの幅広い創作の中から 絵本・ブックデザイン・舞台 に関する創作を紹介します

 今から 100 年前のチェコで、カレル・チャペック(1890-1938)は、技術の革新的発展によって変わりゆく世の中に対して、鋭い洞察に満ちた戯曲『R.U.R.』(1920)を書き、「ロボット」という言葉を世に出しました。
カレル・チャペックは、新聞記事、戯曲、批評、旅行記などを執筆する一方で、画家である兄ヨゼフ・チャペック(1887-1945)とともに、日本でもロングセラーとなっている『長い長いお医者さんの話』(1932)や『ふしぎ猫プドレンカ』(1929)などの優れた童話作品も数多く残しています。
 本展では、「ロボット」という言葉の誕生 100 年を記念して、チャペック兄弟による幅広い創作活動の中から、絵本・ブックデザイン・舞台に関する創作を展示いたします。カレル・チャペック記念館、チェコ国立文学館、チェコ国立博物館などの協力によって、日本でもファンの多いヨゼフの絵本原画や装丁本に加え、カレルによる『ダーシェンカ、あるいは子犬の生活』(1933)の写真やデッサン、そしてこれまで日本でほとんど紹介される機会のなかった『R.U.R.』の舞台美術のパネル展示などにより、チャペック兄弟の色褪せない魅力的な作品世界をご紹介いたします。

関連イベント

■オープニングイベント
講演「チャペック兄弟の創作とその時代」
中東欧の文学や美術を専門とし、チェコに関する著作や翻訳を多数手がけている阿部賢一氏が、チャペック兄弟の仕事と魅力をわかりやすくお伝えします。
 日時:6月8日(土) 14:45開場 15:00開演(90分程度)
 会場:デジタルハリウッドSTUDIO福岡(イムズ11F)
 話 し 手:阿部賢一(東京大学 准教授)
 参 加 料:700円(展覧会チケット付き)
 定員:50名(自由席・先着順)
 申込:要電話予約 ※5月15日(水)より受付開始 三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050

■アニメーション上映会
 チェコ国立フィルムアーカイブの協力により、ヨゼフ・チャペックの挿絵をもとに作家没後に作られたアニメーションなどを上映します。上映作品や上映時間については、近日公開予定。
 日時:6月22日(土) 14:00〜、6月30日(日)14:00〜、7月12日(金)18:00〜
 会場:三菱地所アルティアム内(イムズ 8F)
 申込:参加無料・予約不要(要展覧会チケット)

主催・協賛・後援

主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団
協力:カレル・チャペック記念館、チェコ国立文学館、チェコ国立博物館、チェコ国立フィルムアーカイブ
企画協力:株式会社イデッフ

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。