第21回瑛九展 46の光のかけら/フォトデッサン型紙

2011/9/9-9/17 Tokinowasuremono
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20110909日 -  20110917
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊
    この情報のお問合せ
    ときの忘れもの
    Tel 03-3479-2631
    Fax 03-3401-1604
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ときの忘れもの
    住所
    〒113-0021 東京都
    文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
    最寄り駅
    駒込
    電話番号
    03-6902-9530

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    今年は瑛九の生誕100年にあたり、故郷・宮崎をはじめ埼玉、浦和などの美術館で大規模な瑛九回顧展が開催されます。それにあわせて、ときの忘れものでは、所蔵する46点のフォトデッサン型紙を初めて公開いたします。
    瑛九の造語である「フォトデッサン」は、先行するマン・レイやモホリ=ナギが印画紙上に物を置き、直接光をあてて制作した「フォトグラム(レイヨグラム)」と同じ技法ですが、これに自らの進むべき道を見出した若き日の瑛九の自負をうかがわせる言葉であると言えます。マン・レイたち先行者と異なり、瑛九は自ら切り抜いた「型紙」を使って膨大な点数を制作しました。その作品群を見れば、それらが絵画性の強い独創的なものであったことは一目瞭然です。瑛九が「型紙」に使ったのは、普通の「紙」や 「セロファン」のほかに、一度は完成させたフォトデッサン(印画紙)を次の作品を作るために「型紙」として切り抜いてしまったものも多数存在します。 従来は、「フォトデッサン」の失敗作を「型紙」に転用したと言われてきましたが、ときの忘れものが入手した46点からなる「フォトデッサン型紙コレクション」の中には、きちんと瑛九自筆のサインや年記が記入されているものも少なくありません。 失敗作などではなく、完成作品を惜しげもなく、切り抜いてしまったのはどのような意図だったのでしょうか。 それら型紙に鉛筆で下書きされた線や切り抜いたラインからは、瑛九の手の痕跡が感じられます。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。