柳忠義・タナベヨシミのうつわ展「パンドラ」

  • 印刷する
会 期
20110917日 -  20110925
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
期間中は無休
クリエイター在廊

2011年9月17、18、19と23、24、25日は作家が在廊いたします。
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
086-201-8884
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

「天才とは99パーセントの努力と1%のひらめきである」

このあまりにも有名な名言は、発明王トーマス・エジソンが残したものです。
この言葉は、天才でも「努力」が重要であることを、エジソンが述べたものとして広く知られています。

しかし、この名言がまったく別の意味であったといわれていることを知る人は、あまりいないのではないでしょうか。
エジソンにとって大切だったのは、「1%のひらめき」、このひらめきがなければ、「99%の努力」は無駄なものになるというのです。
たしかに、後世に名を残した天才たちは、凡人には思いも付かない「ひらめき」の持ち主でした。
その「ひらめき」をカタチにするために、努力を重ねたともいえるでしょう。

天才とは「1%のひらめき」を持つ人のこと。
そして、そのひらめきをカタチにするために努力をし続ける人なのかもしれません。

今回、油亀で展覧会を行うのは、そんな「1%のひらめき」をもつ二人。
柳忠義、タナベヨシミ。
二人のひらめきの結晶が油亀に集結します!

■柳忠義について。

彼を一言でたとえるなら、異才、奇才、天才。
誰も真似できないその発想力。
発想を正確にカタチにする技術力。
他の追随を許さない圧倒的な造形力。
自由自在に釉薬を使いこなし、既存のうつわイメージを覆す作品を作り続ける。

1967年福岡県生まれ 九州産業大学芸術学部卒業、アトリエ飛行船陶芸研究所をへて、1996年陶芸工房パオ設立

■タナベヨシミについて。

雨後のたけのこのようにいる、あまたの陶芸家。
しかし、うつわに世界観がある陶芸家は、そういない。
だからこそ、タナベヨシミの作品は、多くの人を魅了する。
異世界の住人が使っていそう。
メルヘンの世界に迷いこむ。。
ファンタジー映画にでてきそうetc.
タナベヨシミもまた、従来の枠組みにとらわれない、新しいカタチのうつわを作り続ける。

1967年鹿児島生まれ 東京純心女子短期大学デザイン科卒業、アトリエ飛行船陶芸研究所をへて、1996年陶芸工房パオ設立
 

今回の個展では、毎日の生活を彩る、柳忠義・タナベヨシミの最新作が約500点油亀で展示販売されます。

日常使いにぴったりのマグカップやおさら、お部屋に彩を添える、花器やオブジェ、抹茶碗、はたまた陶製のスピーカーなど、多種多様な作品が登場いたします。

主催・協賛・後援

衣装協力:6Directions

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。