くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展

一林斎芳重《鎧甲組上げ》 (よろいかぶとくみあげ) 嘉永 6年(1853)

一林斎芳重《鎧甲組上げ》 (よろいかぶとくみあげ) 嘉永 6年(1853)

openstatus
あと13日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190428日 -  20190609
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    月 ※ただし ただし 4月29日[月・祝]~5月6日[月・ 振休] は開館 、5月7日[火]は休館
    入場料
    有料
    一般1,000円、高・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料
    ※その他各種割引制度あり ※一般以外の方は、年齢等の確認できるものをお持ちください。
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    練馬区立美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    練馬区立美術館
    住所
    〒176-0021 東京都
    練馬区貫井1-36-16
    最寄り駅
    中村橋
    電話番号
    03-3577-1821

    詳細

    展覧会内容

     公文学習法で知られる公文教育研究会は、長年にわたり、子ども文化に関する研究のために浮世絵を中心に約3,200点におよぶ歴史資料の収集と研究を行っています。本展ではその中から子どもの遊びをテーマとした選りすぐりの浮世絵、絵巻、屏風、絵本、玩具など約170点を展示いたします。

     江戸の庶民の生活を描いた浮世絵には、歴史的な一面だけではなく、子どもたちの日常や自然の中で無邪気に遊ぶ姿、母の情愛を受け健やかに成長する姿が数多く描かれており、今と変わらぬ子どもの愛おしい自然なしぐさが見て取れます。
     また、浮世絵版画は江戸時代の代表的印刷物であったことから、子どものための絵本や教具、双六や凧などのおもちゃにも用いられ、広く庶民に楽しまれていました。本展では、こうした江戸時代の子どもたちの生活の様子や、当時の遊びを題材に、大人も子どもも楽しめる浮世絵の世界をご紹介します。

    主催・協賛・後援

    主催: 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
    特別協力:公文教育研究会 公文教育研究会 公文教育研究会
    企画協力:青幻舎プロモーション

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。