FACE展2019 損保ジャパン日本興亜美術賞展

グランプリ受賞作 庄司朝美《18.10.23》2018 年 油彩・鉛筆・アクリル板 200×170cm
openstatus
あと6日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190223日 -  20190330
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    入場料
    有料
    600円(高校生以下無料) *20名以上の団体は100円引
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    住所
    〒160-8338  東京都
    新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
    最寄り駅
    新宿
    電話番号
    03-5777-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    このたび東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、2019年2月23 日(土)から3月30日(土)まで、『FACE展2019 損保ジャパン日本興亜美術賞展』を開催いたします。
    損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設した本展は、今回で7回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつあります。「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地から、幅広い年齢層の870名の新進作家たちからご応募をいただきました。作家たちの思いが込められた応募作品の審査は長時間を要しました。五次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(うち受賞作品9点)を決定いたしました。グランプリ受賞作品は当館で所蔵し、次回のFACE展2020にも展示します。また、本展にてグランプリ、優秀賞を受賞された4名の作家には、2022年に開催予定の12名グループ展「絵画のゆくえ」に出品していただきます。
    不確かな社会情勢の中、創作活動には困難を伴いますが、今回の応募作品には、時代の感覚を捉えた輝く作品が数多くありました。油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、蒔絵、織物、ミクストメディアなど技法やモチーフは多岐にわたりますが、見る者の心に潤いと感動をもたらしてくれることは共通しています。
    会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。魂を揺さぶる1点を探して楽しみながらご観覧ください。

    受賞者
    応募作品870点からグランプリ1点、優秀賞3点、読売新聞社賞1点、審査員特別賞4点を選出しました。

    グランプリ 庄司朝美(しょうじ あさみ)
    優秀賞 古橋香(ふるはし かおり) 、松崎森平(まつざき しんぺい) 、奥田文子(おくだ あやこ)
    読売新聞社賞 中矢篤志(なかや あつし)
    審査員特別賞 谷崎桃子(たにざき ももこ) 、桶本理麗(おけもと りり) 、小田瀧秀樹(おだたき ひでき) 、小川幸二(おがわ こうじ)
    ほか入選者(62 名、50 音順)
    安藤充、安藤恵、生島国宜、井口広大、石井奏子、石川功、伊藤ちさと、井上舞、今井三十郎、内山総一郎、 内山吉隆、大河原基、岡本里栄、カイヒデユキ、鏡泰裕、影山萌子、片平仁、加藤剛士、椛田ちひろ、川上椰乃子、 神戸勝史、菊岡穂、岸雪絵、キタノアオスキー!アキキ、木俣創志、霧生まどか、久世なつか、黒田恭章、河内大樹、 近藤守、齋藤美穂子、笹山勝雄、杉浦晶、鈴木理恵、関雅文、高見基秀、タムラクニオ、杖谷みさ、寺野葉、 内藤範子、成山亜衣、花沢忍、 福田良亮、堀込幸枝、前川奈緒美、町田帆実、松田俊哉、水上卓哉、宮山香和、 桃山三、森山龍爾、Monzo 渡邉、八木文子、 薬師神知美、柳澤学海、山内喬博、山田紫郎、山室淳平、由芽、吉増麻里子、吉村正美、米蒸千穂

    主催・協賛・後援

    主催: 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
    協賛: 損保ジャパン日本興亜

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。