森澤ケン「意識の記憶」—Memory of Consciousness—

森澤ケン「意識の記憶」—Memory of Consciousness—
openstatus
あと35日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190220日 -  20190315
    開催時間
    10時00分 - 15時00分
    閉廊16時00分 ※1時間ごと事前メールでの予約制(当日予約は不可) ※空間内は1人のみでの鑑賞となります。
    休み
    土~火
    入場料
    有料
    賽銭制
    この情報のお問合せ
    空蓮房 東京都台東区蔵前4−17−14 長応院内
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    空蓮房
    住所
    〒111-0051 東京都
    台東区蔵前4-17-14 長応院内
    最寄り駅
    蔵前
    電話番号
    -

    詳細

    展覧会内容

    「意識の記憶」

    森澤ケンは、写真家であると共に競泳選手を経て今では素潜りの漁師でもあります。
    水と触れ合いながら感覚を培ってきた中、我々はこの大海から生まれ進化を遂げてきた生命体という感触を常に持っていたと言います。これから先、環境に変化しながらこの母体もさらに変化して行くことだろうとも考える反面、原点回帰すれば一個の細胞に戻ります。今では、その細胞にどのような意識が存在したかしれませんが、彼は、その体感からふとそこに「何か」を感じることがあるそうです。命の意識。それを呼び起こすことは並大抵ではなさそうですが、身体感覚の修練から超越された「何か」に触れる瞬間があることは、例えば僧が修行から得る「何か」と似た感覚ではないかと思います。
    今回は森澤ケンのその「何か」に静寂と気づきを持って共有観照したいと思います。
    空蓮房

    "Memory of Consciousness"
    Alongside his photography, Morisawa Ken has always been a swimmer, and is now a skin-diving fisherman.

    Morisawa says that while cultivating his aesthetic sense through working with water, he often felt that we humans are living beings which had be born of and had evolved from the ocean. Now, our bodies, given to us by our mothers, will have to begin to adjust due to changes in the environment. On the other hand, as we look backwards, at our origin point is a single cell. At this point in time, we cannot know what kind of consciousness may have existed in that single celled organism, but Morisawa seems to feel a sudden "something" from the bodily sensation of touching such organisms in the water. A consciousness of life. It seems unlikely that this type of experience will evoke such consciousness for the average person. I however, I feel there to be a similarity between the "something" felt in a moment of touching the water, gained through physical training, and the “something” felt through mental training for Buddhist monks.

    With this exhibition, with stillness and awareness I would like us to take a shared look at that “something” by Morisawa Ken.
    Kurenboh

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。