中野中企画 第9回 美の棲む処 i・act 展

美の棲む処展告知用
openstatus
あと2日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190225日 -  20190302
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    初日13:00~ 最終日16:00まで
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    販売有
    子連れ
    この情報のお問合せ
    〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目13番6号
    商工聯合会ビル2F
    ギャラリー暁
    Tel: 03-6264-1683
    g.akatsuki@poppy.ocn.ne.jp
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャラリー暁
    住所
    〒104-0061 東京都
    中央区銀座6丁目13番6号 商工聯合会ビル2F
    最寄り駅
    東銀座
    電話番号
    03-6264-1683

    詳細

    展覧会内容

    「美の棲む処 i・act」展は美術評論家中野中氏の呼びかけにより集まった各ジャンルの作家14人によるグループ展です。
    ビエンナーレ形式で開催され今回で第9回となり、前半5回までを「美の棲む処 ten」展、後半6回から「美の棲む処 i・act」展としてリニューアルし、都合18年にわたる歴史を積み重ねてまいりました。
    それぞれのメンバーがジャンル・所属団体などの枠を超え、「美を追求する一作家である」という根本に立ち返り新しい表現を模索するのが、このグループ展の目指すところです。

    以下、発起人の美術評論家・中野中氏が開会の志として第一回展に寄せた文章を引用いたします。

    美の使徒たらんと覚悟したそのときから、苦難の道は宿命となったはずだ。

    泥濘の終わりのない道標を紆余し曲折しながら、ときに光明に喜び、あるときは暗渠の
    闇の絶望に沈み、誰に誉められることもなく、ないものねだりに終わらせないために、ただ
    ひたすら歩み続ける。
    一本の線、滴らせた色、偶然に生まれた形。それらを手がかりに、描ききれないテーマを、
    つかみきれないイメージを、手を動かすことによって何とか象(かたち)ある世界へ導こうと
    する闘い。

    自分とは何ものか、生きるとは何か、いかに生きるのか。
    悩み、とまどい、闘うところにのみ美はうまれる。
    それぞれの個の切瑳琢磨がいかなる美の予兆を孕みうるか。

    君よ、美の棲む処たれ!
          
    美術評論家 中野中

    関連情報

    2月25日17:00より、オープニングパーティー開催

    主催・協賛・後援


    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。