富士山展2.0 –ザ・ジャイアントリープ-

大坂秩加| Chika Osaka  “そばかすだって千個くらいある”  2018  リトグラフ  82.3 x 62.0cm  Edition of 17 + A.P 1  ©Chika Osaka
openstatus
あと5日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190105日 -  20190126
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    日・祝
    入場料
    無料
    この情報のお問合せ
    Gallery MoMo Projects
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    GALLERY MoMo Projects
    住所
    〒106-0032 東京都
    港区六本木6-2-6 2F
    最寄り駅
    六本木
    電話番号
    03-3405-4339

    詳細

    展覧会内容

    大坂秩加|阪本トクロウ|下野友嗣|田中かえ|西島大介|増田セバスチャン|村田朋泰|大和由佳|吉田晋之介

    GALLERY MoMo Projectsでは、2019年1月5日(土)から1月26日(土)まで、ブロックチェーンを活用しオンラインでアートを販売するサービスを開始するStartbahnが企画する「富士山展2.0−ザ・ジャイアントリープ−」を開催いたします。

     Startbahnは、アートとブロックチェーンを組み合わせ、観客、クリエイター、コレクター、批評家などに自由度の高いプラットフォームを提供しています。縁起が良いとされ、元旦に富士山の絵を買う風習もあり、日本で一番「描かれ / 売買されて」きた「富士山」をテーマに2017年より展覧会を開催してきました。三度目の展覧会となる今回は、会場やアーティストを増やし、「ポスト平成」のアートとテクノロジーを活用した機会の場を広げています。

     富士山は、万葉集で歌われたのを始め、江戸時代になると日本の象徴とされ、葛飾北斎を始め、片岡球子などが好んで作品のモチーフとして採用してきました。象徴というのは時に危険な要素を孕み、政治的に利用され易いものですが、優れた作家、特に北斎が描く富士山は西欧絵画にも影響を与え、象徴性を超えた作品になっています。多くの作家を魅了してきた、危険な要素を含む富士山というモチーフやテーマを扱うことは、アーティストにとって大きな挑戦となります。

     当ギャラリーのアーティストである大坂秩加、阪本トクロウ、村田朋泰、吉田晋之介に、大和由香、下野友嗣、西島大介、増田セバスチャン、田中かえを加えたメンバーで作品を展示する予定です。 Startbahnを通して、各地で開催されている富士山展を楽しんでいただき、新たな試みを体験していただければ幸いです。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。