Metafiction - 森洋史個展

《 If There was impossible Campbell’s Soup Cans... Tomato Flowey Mix 》 アクリル絵具、ウレタン塗装、銀鏡塗装、UVシルクスクリーン印刷、木製パネル 60.6×45.5×3.0cm 2018
openstatus
あと12日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20181226日 -  20190131
    開催時間
    10時00分 - 22時30分
    休み
    1月1日
    この情報のお問合せ
    銀座 蔦屋書店
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
    住所
    〒104-0061 東京都
    中央区銀座6-10-11 GINZA SIX6F
    最寄り駅
    銀座
    電話番号
    03-3575-7755

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    もしも、ある世界の中に別の世界が邂逅するとどうなってしまうのか。フィクションの中にさらにフィクションをインプットすることによって生まれる展開、現実にあり得そうであり得ない虚構について考察しながら制作をしています。 たとえば、美術史上のマスターピースと呼ばれる作品からの引用を織り成し、ビデオゲームやアニメーションなどの現代に氾濫するあらゆるイメージとのリミックスを行い、ジャンクテイストにコンバートすることが、私の作品の骨組みとなります。 私の作品を観た人は某かの既視感を覚えることになりますが、同時にすぐに虚構に過ぎないことに気が付くことでしょう。ただし、イメージの流用については、パロディ作品である以上、茶化す反面、元ネタへのリスペクトが必ず必要であると考えています。やっていて思うのは、パロディ作品としては、私自身の芸術の唯一性やイメージのオリジナリティを極力排除する必要があると考え、元ネタとフィニッシュを絶妙な加減でずらすのは不可欠と考えています。当代の最新の工業テクノロジーと伝統工芸技法とのハイブリッド工法を構築し複雑なプロセスを経て、究極の虚構を追及しています。是非、生の作品を観に来て頂き、楽しんで頂ければ幸いです。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。