ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-

常夜灯《日本のリンゴの木》1920年 透明ガラス、型吹き成形、装飾板はプレス成形、サチネ/ベークライト製照明台付
openstatus
あと36日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20190224日 -  20190421
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    入場料
    有料
    一般800円、高・大学生および65~74歳600円、中学生以下および75歳以上無料
    ※その他各種割引制度あり ※一般以外の方は、年齢等の確認できるものをお持ちください。
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    練馬区立美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    練馬区立美術館
    住所
    〒176-0021 東京都
    練馬区貫井1-36-16
    最寄り駅
    中村橋
    電話番号
    03-3577-1821

    詳細

    展覧会内容

     その洗練された造形から、日本でも多くのファンをもつジュエリー作家・ガラス工芸家のルネ・ラリック(1860-1945)を紹介します。本展では、様々な事業を展開しているユニマットグループが所蔵するラリック・コレクションより、19世紀末から20世紀初頭の貴重なジュエリーはじめ、晩年までのガラス作品を展観します。
     ラリックは当初、アール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして活躍しました。彼の生み出したジュエリーは大変な人気を集め、とりわけ1900年のパリ万国博覧会で大きく注目されました。20世紀に入り、香水瓶のデザインと製造を足掛かりに、ガラス工芸家としての道を歩みはじめます。現在も続く、ラリック社の設立もこの頃のことです。
     1925年のパリで開催された現代装飾美術産業美術国際博覧会では、自社パヴィリオンを出展し、まさにアール・デコを牽引する存在として世界中にその名を轟かせました。日本との関係も深く、1932年に旧皇族の朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)のガラス製レリーフ扉やシャンデリアなどを手掛けています。
     宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォーとアール・デコという2つの様式を生み出したラリックの優雅な作品世界をお楽しみください。

    関連情報

    ■関連企画 藤井一興 ピアノ・リサイタル
     ルネ・ラリックが活躍したアール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代は、ラヴェルやドビュッシーなど、フランス人作曲家が大いに活躍した時代でもありました。「フランス音楽のスペシャリスト」と称されるピアニスト藤井一興が、自身の長いパリ生活で培った音楽観と共に、煌びやかなフランス芸術の世界を語ります。
     巨匠ルネ・ラリックやフランス人作曲家たちが、華々しく活躍した時代背景に想いを馳せながらお楽しみください。
     公演名 藤井一興 ピアノ・リサイタル
     曲目 ラヴェル/クープランの墓 ドビュッシー/前奏曲集第2集より「花火」ほか
     公演日 2019年3月2日(土)
     開演 14:00
     会場 練馬文化センター小ホール(練馬駅下車徒歩1分)
     チケット料金全席指定3000円(リサイタルのみ)
     連携セット割引3500円(リサイタル+本展観覧券)
     ほか、各種割引あり
     リサイタルに関するお客様からの問合せ先 公益財団法人練馬区文化振興協会Tel 03-3993-3311

    主催・協賛・後援

    主催: 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)/毎日新聞社
    協力:ユニマットグループ

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。