Levi Pata リーバイ パタ 「black cherry」

  • 印刷する
  • add calendar
  • clip-off
会 期
20181210日 -  20181219
開催時間
12時00分 - 19時00分
最終日18時00分まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
AL
情報提供者/投稿者
poster
AL
開催場所
AL
住所
〒150-0052 東京都
渋谷区恵比寿南3-7-17
最寄り駅
代官山
電話番号
03-5722-9799

詳細

展覧会内容

アメリカ原住民やヨーロッパをはじめとする10の異なる民族の血を継ぐアーティスト、リーバイ·パタ。
彼の作品もまた、色も味も形も違うフルーツをバスケットに入れたような、多様なスタイルが特徴的。
今回はその中でも多くの最新作を含む「ブラックチェリー」味の作品を展示します。

目を閉じる―――この僕へとDNAを受け継いだ地球上の人たちを想像する。
浮かんでくるイメージの中では、僕自身は黒くなった球体の中核であり、僕の先祖たちはその表面できらめく星のような一つ一つの光の点として輝いている。僕は、フランス人、アイルランド人、ドイツ人、フィリピン人、ハワイ原住民、カリフォルニア原住民のユキ、ポモ、ノムラカ族、サウスダコタ原住民のラコタ・スー族とアメリカ南部の原住民チェロキー族の血を引いている。だから先祖たちの星はその球体のあらゆる場所から光を放っている。そして彼ら各々の人生について考えてみる。半分はほんの数世代前にアメリカに移民としてやってきて、その一方でもう半分は植民地化されるまで何千年もの間その土地に住み続けてきた。こうした歴史の中で、何かのきっかけで彼らは互いに出会い、思いがけない国際的な結合があって僕が生まれた。そしてまた何らかのきっかけがあって、僕は今こうして日本に住んでいる。

目を開ける―――世界中のどこを見渡しても、僕のようにこんな血が混じっている人はいない。
時にそれは誇らしい差異でもあり、時に孤独にも感じられる。ただそのときの感情がどんなものであれ、僕自身を成すものに思いを馳せると、最終的に僕の意識は僕たちみんなの地球の未来へと向けられる。僕がその未来に真撃に向き合っているとき、意識のさらに先端にある僕の居場所がはっきりと見えてくる。そこは僕が最も素直になれる場所であり、作品が生み出される場所でもある。

これらの作品は一つ一つスタイルが違うように見えるかもしれないけれど、僕という人間があらゆるものからできているから、そうなってしまう。もし様々なフルーツが盛られた「僕の人生」というバスケットがあったとして、そこから最近の作品に合う味を一つ選ぶとしたら、おそらく僕はブラックチェリー味を選ぶだろう。

リーバイ・パタ
1985年ホリスター(カリフォルニア)生まれ。2009年から2年間東京で活動、その後サンフランシスコへ戻る。2016年、京都へ移住。現在京都を拠点に制作活動をおこなっている。個展に、2011年「鳴り響く銃声とギリシャの音楽」(FOIL GALLERY、東京)、2012年「IT HURTS TO LET YOU GO」(Kokoro Studio、サンフランシスコ)、2016年「LION」(AL、東京)など。本に、作品集「小さい部屋から」、ポストカードブック「ANOTHER SUNSET」、(HeHe Press出版)。
インスタグラム: @sofunithurts

Levi Pata
Born 1985, in Hollister, California. Lived from 2009 in Tokyo, until returning to San Francisco, California in 2011. Moved to Kyoto in 2016. Currently lives in Kyoto, and exhibits work in various places in Japan. Solo exhibitions include: "Continusous Gunfire and Greek Music" (FOIL Gallery, Tokyo, 2011), "It Hurts to Let You Go" (Kokoro Studio, San Francisco, 2012), "LION" (AL, Tokyo, 2016), and various others. Art book, "from a small room," and postcard book, "ANOTHER SUNSET," published by HeHe Press. instagram: @sofunithurts

関連情報

■opening reception: 12月10日 (月) 18:00 ~ (入場料無料)
■Live painting: 12月15日 (土) 16:00 ~ 17:00 (入場料¥500)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。