CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる 「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」

20181127-GG
openstatus
あと6日後に終了
    • 印刷する
    • 特典あり
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20181127日 -  20181222
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    日曜日
    入場料
    無料
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    販売有 1,000円 ~ 1,000円(税別)
    子連れ
    この情報のお問合せ
    クリエイションギャラリーG8 03-6835-2260
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ガーディアン・ガーデン
    住所
    〒104-8227 東京都
    中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
    最寄り駅
    銀座
    電話番号
    03-5568-8818

    詳細

    展覧会内容

    167人のクリエイターがデザインした、167種類の大堀相馬焼の豆皿を展示、販売します。

    大堀相馬焼は、江戸時代元禄期から続く福島県浪江町の伝統工芸品です。東日本大震災の影響を受けて浪江町での製作はできなくなりましたが、窯元たちは福島県内の別の地域に拠点を移し、窯を新調し、愛知県瀬戸市の瀬戸土を使い製作を再開しました。拠点が離ればなれになった今も、協同での陶器づくりが窯元同士を繋いでいます。今では地域おこし協力隊の若い職人も県外から参加し、様々な人のつながりによって浪江町の伝統は福島にあり続けています。

    今回は、大堀相馬焼の3つの窯元と協力し、167人のクリエイターがデザインした豆皿をつくります。手のひらサイズのちいさな豆皿は、ろくろ職人が一つ一つ手作業で成形しています。豆皿の種類によってみられる細かなひびは、大堀相馬焼の特徴の一つ。熱い窯を開けて豆皿を冷ます際に、釉薬が収縮することでひび割れが起こり、キラキラと風鈴のような貫入音が鳴ります。

    今年7年ぶりに町内で開校した福島県浪江町立なみえ創成小・中学校で、地元の伝統工芸品に親しみながら、豆皿のデザインに挑戦するワークショップを行いました。子どもたちの考えた豆皿は実際に焼き上げ、クリエイターの豆皿と一緒に展示します。

    豆皿の販売収益金は、未来を担う子どもたちの支援のために、セーブ・ザ・チルドレンに寄付をします。
    ぜひこの機会に、多くの方にチャリティーにご参加いただけることを願っています。

    関連情報

    ワークショップ「豆皿に絵付けしよう」参加者募集
    会期中、小学生と保護者を対象とした豆皿の絵付けワークショップを開催します。大堀相馬焼の窯元の方を講師に招き、手作りのお皿が土からどのようにできているかを紹介し、みんなで仕上げの工程であるお皿の絵付けに挑戦します。お皿に自由に絵を描いて、オリジナルの豆皿を作りましょう。
    詳細: https://mamezara-cp-kidsws.peatix.com/

    特典

    2つの会場をまわるとオリジナル缶マグネットをプレゼントします

    主催・協賛・後援

    主催:クリエイションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。