堀内正和展 おもしろ楽しい心と形 HORIUTI Masakazu: Curious Minds, Joyful Forms

《Cubes et Tubes》1966年 石膏 神奈川県立近代美術館蔵
openstatus
あと95日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20181208日 -  20190324
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    入館は16時30分まで
    休み
    月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月29日-1月3日
    入場料
    有料
    一般1,200(1,100)円/20歳未満・学生1,050(950)円/65歳以上600円/高校生100円
    ※( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。 ※「堀内正和展 おもしろ楽しい心と形」をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展「モダンなフォルム」もご覧いただけます。 ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:1月6日、2月3日、3月3日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は「会話を楽しむ日」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。 ※その他の割引につきましてはお問い合わせください
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    神奈川県立近代美術館 葉山
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    神奈川県立近代美術館 葉山
    住所
    〒240-0111 神奈川県
    三浦郡葉山町一色2208-1
    最寄り駅
    逗子、新逗子
    電話番号
    046-875-2800

    詳細

    展覧会内容

    堀内正和(1911-2001)は、日本の抽象彫刻を代表する作家のひとりで、次世代の彫刻家たちに大きな影響を与えました。東京高等工芸学校在学中の1929年に18歳で第16回二科展に初入選。早くから抽象彫刻を志した堀内は、戦争中に一時制作を中断しますが、戦後、活動を再開させると、サンパウロ・ビエンナーレやインド・トリエンナーレなどにおいて、海外にも広く紹介されました。堀内は、抽象彫刻の分野にあって触覚的な感覚を意識的に取り入れ、身体の一部や身の回りにある形をヒントに作品を制作しました。なかでも《ウィンクするMiMiちゃん》(1967年)や《指の股もまた股である》(1968年)といった、鑑賞者が覗き込むことで完成する「のぞき(NOZOKI)」の逆読みから命名された「IKOZON」彫刻では、独自のエロスやユーモアが存分に発揮されています。
    本展では、具象から抽象へと変化を遂げた1950年代に着目しつつ、初期から晩年までを約40点の彫刻作品でたどります。さらに堀内の思考の過程で生み出された紙彫刻(ペーパー・スカルプチュア)を多数展示し、機知とユーモアあふれる作品を創り出した作家の思考を紐解きます。

    関連情報

    〇講演会 「堀内正和と辻晉堂」
     講師:尾﨑信一郎(鳥取県立博物館 副館長)
     日時:2019年2月24日(日)午後2時から3時30分まで
     場所:葉山館 講堂
     定員:70名(当日先着順)

    〇担当学芸員によるギャラリートーク
     日時:2019年1月19日(土)、2月9日(土)、3月9日(土) 各日午後2時30分から3時まで
     場所:葉山館 第2・3展示室

    〇近代美術館入門講座 「堀内正和のおもしろ楽しさ」 共催:葉山町
     講師:長門佐季(当館企画課長)
     日時:2018年12月15日(土) 午前10時から11時まで
     場所:葉山町福祉文化会館 大会議室

    主催・協賛・後援

    主催:神奈川県立近代美術館
    助成:アサヒグループ芸術文化財団

    特記事項

    [同時開催] コレクション展 「モダンなフォルム」

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。