祐源紘史

creator avotor 祐源紘史 ユウゲンヒロフミ
タグ

祐源紘史の作品の多くは食べ残した肉の骨や残骸、ファストフードのパッケージなど、食べる行為を経て残ったもので構成されている。また、既視感を与える形態を特徴とし、一見ポップな趣向を凝らしながらも、恐怖や不安といった感情を抱く要素を含んでる。KFCフライドチキンの骨を洗って人体骨格として再構築した《KFCシリーズ》の姿はあまりに滑稽で、時に恐ろしく、私たち鑑賞者に問いかけてくるようだ。「私を食べて」その言葉の主は鶏なのか、カーネルサンダースなのか、また、大量消費の果てに残った私たち自身の姿なのか。

  • ©YUGEN HIROFUMI
  • ©YUGEN HIROFUMI
  • ©YUGEN HIROFUMI
開催中
 
これから開催
 
Biography
1979 岡山県生まれ
2004 広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科卒業
2004 - 2005 ドイツ、ハノーバー専科大学へ短期交換留学
2006 広島市立大学大学院芸術学研究科造形計画修了

more...

現在 広島在住

[主な個展]
2014 LASTER ART SELECTION YUGEN HIROFUMI EXIBITION、RULE BAR Laster、広島
2013 最初の食事が死の始めである、gallery t、東京
2007 G-Selection祐源紘史 展、gallery G、広島
2005 祐源紘史 展、ギャラリーいづつや、広島
2004 SPECTRO、賀茂鶴酒造吉富蔵、広島
2003 祐源紘史 展-environment-、ギャラリーP2、広島
2015 PLEASE EAT ME、アートスペース油亀、岡山

[主なグループ展]
2014 第67回山口県美術展覧会、山口県立美術館 横川商店街劇場2014「ニュー横川シネマパラダイス」、横川商店街、広島
2013 デザインナイト2013、SUZU CAFE hiroshima、広島 横川商店街劇場2013「横川モンマルトル」、横川商店街、広島 アラフドアートアニュアル、土湯温泉町、福島
2012 衣・食・住 ソウル 広島、西京大学、ソウル パークビルストリートギャラリー、広島
2011 第65回山口県美術展覧会、山口県立美術館 現代の造形ーLife&Artー「半農半アートー水ありてー」、東広島市美術館、広島 箱 しまう はこぶ おくる展、生活工房ギャラリー(三軒茶屋・キャロットタワー3F)、東京
2010 食と現代美術 part6、BankART1929、横浜 ゼロダテ/大館展 2010、大館商店街、秋田 広島アートプロジェクト2010、HiroshimART展、広島
2009 広島アートプロジェクト2009、「いざ、船内探検!吉宝丸」展、広島
2008 ゲンビどこでも企画公募、広島市現代美術館 広島アートプロジェクト2008、旧中工場アートプロジェクト2「汽水域」展、広島
2007 旧中工場アートプロジェクト「ゴミがアートになる!超高品質なホコリ」展、広島
2006 HOPES2005 広島県・岡山県大学美術系卒業制作選抜展、ふくやま美術館 第2回北村西望生誕地現代彫刻プロジェクト「FROMLIFE」、長崎
2005 Art Contemporain, ベルリン exchange students exhibition GEISHA, エキスポプラザ内チェコ館、ハノーバー Ein Gefuehltes Ein GEdachtes, RODOLFO . arte y comunicacion, ベルリン
2004 SPECTRO、賀茂鶴酒造吉富蔵、広島

[受賞]
2014 第67回山口県美術展覧会佳作
2011 第65回山口県美術展覧会佳作
2006 “プリ・ラ・ジュネス”受賞、(広島市立大学)

Information
web
http://www.yugenhirofumi.com/
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。