吉村益信

creator avotor 吉村益信 ヨシムラマスノブ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
(1932-2011)
1932 大分県生まれ
高校時代は地元大分の美術サークル「新世紀群」で磯崎新、赤瀬川原平、風倉匠らと活動した。1951年武蔵野美術学校油絵科に入学。卒業後は読売アンデパンダン展に出品を始めた。1957年父の遺産を元に新宿区百人町に小さな土地を購入し磯崎新に設計を依頼、住居兼アトリエ「新宿ホワイトハウス」を建て後にネオ・ダダの拠点となる。1960年篠原有司男、荒川修作らとネオ・ダダイズム・オルガナイザーを結成。1962年渡米。帰国後はネオン・アート、ライト・アート、発注芸術の第一人者として、テクノロジーに関心を寄せた作品が高く評価される。1970年の大阪万国博でも活躍し一躍注目され、その後エコロジーやインドへの接近など反文明的な姿勢を示したが、1970年代後半にはアーティスト・ユニオンの事務局長を務めアーティストの社会的自立に貢献した。常に人々の先頭に立ってリーダーシップを発揮し、既成の枠にとらわれない自由な活動を展開した。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。