吉田初三郎

吉田初三郎 ヨシダハツサブロウ
タグ

1884年3月4日 - 1955年8月16日。大正から昭和にかけて活躍した鳥瞰図絵師。生涯において3000点以上の鳥瞰図を作成し、「大正広重」と呼ばれた。
現在の鳥瞰図の手法は平行透視図法が主流であるが、初三郎は「初三郎式絵図」と呼ばれる独自の作風を確立していた。その特徴は、見えないはずの富士山やハワイが描かれているなど、大胆なデフォルメや遊び心にある。
初三郎と同時代には彼の作品を模した鳥瞰図作家が多数いたが、初三郎作品との決定的な違いがあった。それは鳥瞰図製作の際に、該当地の風土や歴史を事前に調査し、さらに現地に入って踏査写生および取材を行ったことである。

出展Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E5%88%9D%E4%B8%89%E9%83%8E

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。