横山裕一

横山裕一 ユコヤマユウイチ
タグ

1967年宮崎県に生まれ、武蔵野美術大学で油絵を学んだ後、表現手段の一つとして漫画を描き始めました。疾走感のある描線やオノマトペ、途切れることなく描かれる時の流れや独特なキャラクターが特徴となる横山の漫画は「ネオ漫画」と称され、『ニュー土木』、『トラベル』、『NIWA』、『ベビーブーム』、『世界地図の間(ま)』など多くの著書は日本、フランス、アメリカ、イタリア、スペイン、ロシアなどの国で翻訳、出版され人気を博しています。その他、高濃度蛍光色をふんだんに使用し 横山の鮮やかな色彩の原画を再現した『BABY BOOM FINAL』(Akio Nagasawa Publishing と共同制作)など、質の高い作品集も出版されています。また、2015年6月に888(ハチミツ)ブックスより大型マンガ作品集「ファッションと密室」を出版されました。
2010年に初の大規模個展「横山裕一 ネオ漫画の全記録:『わたしは時間を描いている』」(川崎市民ミュージアム)が開催された後、「あいちトリエンナーレ2013」やヨーロッパ3カ国の美術館を巡回するグループ展「ロジカル・エモーションー日本現代美術展」などに参加し、2014年には立て続けに、「YÛICHI YOKOYAMA : WANDERING THROUGH MAPS, UNE EXPLORATION A TRAVERS LES CARTES」(Pavillon Blanc・コロミエ・フランス)、「これがそれだがふれてみよ」(兵庫県立美術館)、「横山裕一×シュルレアリスム」(宮崎県立美術館)といった個展を行うなど、国内外での活躍に注目が集まりました。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1967 宮城県生まれ
武蔵野美術大学美術学科 卒業
現在 埼玉県狭山市在住

more...

[展覧会]
1998 ART WAD'S(渋谷)
2002 GRAPHIC STATION(渋谷)
2007 六本木クロッシング(森美術館)
2007 City_net Asia (ソウル市立美術館)
2010 初の大規模個展「横山裕一 ネオ漫画の全記録:『わたしは時間を描いている』」(川崎市民ミュージアム)
2013 「あいちトリエンナーレ2013」
2013 グループ展「ロジカル・エモーションー日本現代美術展」(ヨーロッパ3カ国の美術館を巡回する)
2014 個展「YÛICHI YOKOYAMA : WANDERING THROUGH MAPS, UNE EXPLORATION A TRAVERS LES CARTES」(Pavillon Blanc・コロミエ・フランス)
2014 個展「これがそれだがふれてみよ」(兵庫県立美術館)
2014 個展「横山裕一×シュルレアリスム」(宮崎県立美術館)

[出版]
2004 『土木』(エディション・マティエール社 )
2004 『ニュー土木』(イーストプレス社 )
2004 『戦闘』(エディション・マティエール社)
2015/6 大型マンガ作品集「ファッションと密室」(888(ハチミツ)ブックス)
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。