綿野吉二

creator avotor 綿野吉二 ワタノキチジ
タグ
プロフィール
1860年 - 1934年1月
加賀・寺井の綿屋源右衛門の長男に生まれる。海外貿易を志し、明治9年神戸に支店を開き、13年横浜本町に移り、大正12年の関東大震災まで約50年を通じ、九谷焼の輸出を続けた。この間、フランスへの直輸出、華南方面への出張、米仏博覧会への渡航などのほか、欧米への販路拡大に努める。一方、日魯実業会社社長となり、その他の会社の重職にも当たった。また石川県寺井の本邸に錦窯を築いて特製品に絵付けするほか、明治34年邸内にフランス式本窯を設けて、大正6年まで外国向け、主に欧州向けの製品を作らせた。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。