渡邊省亭

creator avotor 渡邊省亭 ワタナベショウテイ
タグ

幕末、嘉永四年(1851)に江戸神田佐久間町に生を受け、大正七年(1918)に東京浅草東三筋町にて没した孤高の絵師です。近代日本の黎明期からその成長と共に生きた画家と言えます。日本最初の輸出国策会社の社員として、林忠正などと共にパリに派遣された最初の日本画家です。菊池容斎や柴田是真に私淑し研ぎ澄まされた画家の江戸美意識が、ジャポニスム流行の時流に乗り、パリで冴え渡ります。彼の地ではドガやマネなど印象派の画家たちにも影響を与え、パリ万博では銅牌を受賞します。

帰国後は、七宝工芸家の濤川惣助と共に迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)の装飾にあたりました。また挿絵画家としても活動し、多くの出版物に携わっています。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1851年1月18日 - 1918年4月2日
明治時代から大正時代にかけての日本画家。洋風表現を取り入れた、洒脱な花鳥画を得意とした。
(出典元:wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E7%9C%81%E4%BA%AD)
Information
web
http://www.watanabeseitei.org/
facebook
https://www.facebook.com/watanabeseitei/
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。