歌川広重

creator avotor 歌川広重 ウタガワヒロシゲ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、浮世絵師。江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となったが、現代広く呼ばれる安藤広重(あんどう ひろしげ)なる名前は使用しておらず、浮世絵師としては歌川広重が正しいと言える。

広重は、江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、幼名徳太郎、のち鉄蔵、重右衛門また徳兵衛とも称す。
文化6年(1809年)数え13歳の時、2月に母を亡くし、同月父が隠居、広重が同心職を継ぐ。

more...

同年12月には父も死去。
幼い頃から絵心が勝り、文化8年(1811年)(15歳)頃、はじめ初代歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員でことわられ、歌川豊廣(1776年-1828年)に入門、翌文化9年(1812年)に師と自分から一文字づつとって歌川廣重の名を与えられた。
11年後の文政6年(1823年)には、家業の火消同心を辞め、絵師を専門の職業にした。
天保元年(1830年)一幽斎廣重と改め、花鳥を描いていたが、文政11年(1828年)師の豊廣の死の後は風景画を主に制作した。
天保3年 (1832年)、一立齋(いちりゅうさい)と号を改めた。
安政5年没。享年62。死因はコレラだったと伝えられる。法名は顕功院徳翁立斎居士。友人歌川豊国(三代目)の筆になる「死に絵」(=追悼ポートレートのようなもの。本項の画像参照)に辞世の歌が遺る。
wikipediaより転載
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%BA%83%E9%87%8D
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。