冨田溪仙

creator avotor 冨田溪仙 トミタケイセン
タグ
プロフィール
1879年12月9日 - 1936年7月6日
明治から昭和初期に活躍した日本画家。初め狩野派、四条派に学んだが、それに飽きたらず、仏画、禅画、南画、更には西洋の表現主義を取り入れ、デフォルメの効いた自在で奔放な作風を開いた。

福岡県博多に生まれる。本名は鎮五郎(しげごろう)。字は隆鎮。別号に雪仙、渓山人など。冨田家はかつて福岡藩の御用を務め、渓仙が生まれた頃は麹屋町(現在の博多区川端)で素麺製造業を営んでいた。福岡藩御用絵師だった衣笠守正(探谷)に狩野派を学んだ後、京都に出て四条派の都路華香に師事。のち仙厓義梵、富岡鉄斎に傾倒。各地を旅し幅広い研鑽を積む。横山大観にみとめられ,大正4年日本美術院同人。昭和10年帝国美術院会員となる。京都で死去。駐日フランス大使であった詩人のポール・クローデルや俳人河東碧梧桐との交遊も知られている。

more...

(出典元:wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E7%94%B0%E6%BA%AA%E4%BB%99)

1879 福岡市博多区麹屋町9番地、現在の下川端町に生まれる 家は代々黒田藩御用の素麺製造業を営む 祖父は仙厓禅師と親交が合った
1896 画家になるために京都に行く 都路華香に師事
1903 仙厓に傾倒し始める
1914 横山大観に勧められ再興日本美術院展に出品。院共友に推される 河東碧梧桐やポール・クローデルなどと親交を深める
1936 57歳で死去
   横山大観はその早すぎる死を悼み、数百年に一度しか現れないような偉い画家であるとの言葉を贈った
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。