高山辰雄

高山辰雄 タカヤマタツオ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
日本画家。
1912年(明治45年)、大分市に生まれる。1931年(昭和6年)、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学、1936年(昭和11年)に卒業している。在学中から松岡映丘の画塾に入り、師事した。美校の卒業制作『砂丘』(1936年)は、砂の上に座るセーラー服姿の若い女性を俯瞰的に描いた洋画風の作品で、後の高山の作風を思わせるものはほとんどない。
高山は戦後まもない1946年(昭和21年)ころ、ゴーギャンの伝記を読んで感銘を受け、その後の作風にはゴーギャンの影響がみられるようになる。1946年、第2回日展に裸婦2人を描いた『浴室』を出品し、特選となる。1949年(昭和24年)には日展に『少女』を出品し、やはり特選となる。この頃から独自の幻想的な画風が定着する。
1975年(昭和50年)から1977年まで日展理事長を務め、任期満了後は日展常務理事、顧問となる。1972年日本芸術院会員。1979年(昭和54年)、文化功労者として顕彰。1982年(昭和57年)、70歳の時には文化勲章を受章している。1985年(昭和60年)には東京はじめ日本の5都市で「日月星辰-高山辰雄展1985」を開催。屏風絵の大作をはじめとする意欲作を出品し、健在ぶりを示した。

more...

2007年(平成19年)9月14日午後4時19分、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去。95歳没。
(出典元:wikipedia, http://ja.wikipedia.org/wiki/高山辰雄)
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。