荻須高徳

荻須高徳 オギスタカノリ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1901 中島郡(現在の稲沢市)に生まれる
1922 東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科に入学
1927 渡仏
    佐伯祐三に導かれ、パリの下町周辺の建物を描く

more...

1928 この頃から署名をOguissとする
    サロン・ドートンヌに初入選
1929 モーリス・ド・ヴラマンクに傾倒する
1930 パリにて初個展
1932 ジュネーブの宝石商で著名なコレクターがアトリエを訪れ10数点購入
1936 伝記画集「オギス・巴里の画家」がジュネーブより出版
    フランス政府が作品の買上げを始める(ポンピドゥー・センター所蔵)
1940 13年ぶりに帰国
    文部省が作品を買上げる
1941 日本橋三越にて日本で初の個展
1948 戦後初の日本人画家としてフランスへの入国が許可される
1951 この年から政府に協力し、松方コレクションの日本返還に尽力、8年後に実現
1954 ヨーロッパ画壇での活躍と日本美術界への貢献に対し、毎日美術賞を受賞
1955 80歳のヴラマンクのアトリエ訪問
    神奈川県立近代美術館で個展開催
    ブリヂストン美術館他巡回
1956 フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授与
1962 国際形象展に創立同人として参加
1971 神奈川県立近代美術館で個展
1972 勲三等旭日章に叙される
    中日文化賞受賞
1974 パリ市から、メダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される
1981 フランス国立造幣局が荻須の肖像を浮彫したメダイユの発行を決定し、翌年発刊
    文化功労賞に顕彰
1983 愛知県稲沢市に荻須記念美術館開館
1986 パリのアトリエにて死去
    文化勲章を叙勲
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。