高畠達四郎

高畠達四郎 タカバタケタツシロウ
タグ

1895年10月1日-1976年6月26日。日本の画家。独立美術協会会員、「暮色」で毎日芸術賞を受賞。林武、野口弥太郎と並ぶ3大巨匠の一人。
1908年 東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。
1913年 東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。
慶應義塾大学理財科に入学したが、中退して本郷洋画研究所に入所。
1919年 光風会展で初入選を果たした。
1921年に渡仏して7年間滞在、中山巍と共にロルヌ街32番地のアトリエに住み、アカデミー・ラソンで学び、キスリングらのエコール・ド・パリの影響を受けた。
帰国後は梅原龍三郎の勧めで国画会に出品したが、1930年には独立美術協会の結成に参加し、以後独立展を主要な活動の場とした。
1951年 毎日美術賞を受賞。
1976年 80歳で死去。墓所は東京都文京区の伝通院。

出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%95%A0%E9%81%94%E5%9B%9B%E9%83%8E

開催中
 
これから開催
 
Biography


アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。