新藤杏子

creator avotor 新藤杏子 シンドウキョウコ
タグ

水彩作品でありながら、下書きを一切せず、いっきに描かれるにじみを生かした線。シンプルな手法に見えて、水彩の広がり方、色の濃度、微妙な色の混ざり具合いなど、彼女の経験値によって完璧にコントロールされて描かれている。人物のリサーチを徹底的にしたがゆえに出てくるイメージと、水彩のはかなさが融合した作品には定評がある。

  • 新藤杏子(水彩) 或る家族07  723 x 606 mm(20F) 水彩、アクリル 2013
開催中
 
これから開催
 
Biography
1982 生まれ
多摩美術大学油画の修士課程修了

国内外での発表の他、シェル賞入選、GEISAI TAIWAN #2、Young Artist Japan 2011 審査員特別賞を受賞

more...

フランス、イタリアのアートフェアにも出品している
自身の入院体験から、100人の病院内の患者やドクターを観察し、コメントとともに描いた「drawing of one day」シリーズは本としても発表し、海外でも大好評であった
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。