桜田精一

creator avotor 桜田精一 サクラダセイイチ
タグ

1910年 - 1999年。日本の洋画家。日展参与。画家・桜田久美の実父であり、小林武雄や大野みつ子など、優れた門下生を輩出した洋画壇の巨匠である。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1910 熊本県上益城郡津森村(現益城町)に生まれる[1]
1933 日本美術学校洋画科を卒業
1933 38年まで朝鮮にて教壇に立つ
1933 朝鮮美術展覧会にて「早春の博物館」が特選・昌徳久宮賜賞を受章する

more...

1939 帰国し上京する
1940 日本美術学校講師に就任
1947 光風会展にて「竹林」が光風特賞となる
1949 千葉県美術会を創設に参加
1957 58年まで約1年間渡欧する
1965 日展審査員(72年、78年、84年、87年、92年)に就任
1974 十柯会同人
1976 千葉県教育文化功労賞受賞
1978 日展出品作品「朝」が文化庁買い上げとなる
1980 日展評議員となる
1982 野田市文化功労表彰を受ける
1986 個人美術館《鳩聚苑》を建設する
1987 小山敬三美術賞を受賞する
1987 日展参与に就任
1987 「櫻田精一画集」を刊行する
1991 地域文化功労者文部大臣表彰を受ける
1992 勲四等瑞宝章を受章する
1994 紺綬褒章を受章する
1999 千葉県野田市で永眠
2001 熊本県立美術館にて「櫻田精一展」を開催
2009 千葉県立美術館にて「櫻田精一展 生誕100年-響きあう光・水・風を描く-」を開催
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。