斎藤真一

斎藤真一 サイトウシンイチ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1922 岡山県児島郡味野町(現倉敷市)に生れる
1948 東京美術学校(師範科)を卒業。静岡市立第一中学校就任
    第4回日展に「鶏小屋」が初入選する
1949 岡山県味野中学校に転任

more...

    萩野悦子と結婚。味野中学校を退職し、神奈川県鵠沼に住む
1951 長男・裕重生れる
1953 静岡県立伊東高等学校に着任
1955 夏期休暇中、生徒を連れて伊豆の東海岸、西海岸、天城を歩き、写生旅行をする
    以後、伊東高校在職中の18年間、毎年続ける
1957 光風会第43回展「立春の道」プールヴ賞を受賞する
1958 船で横浜からマルセーユ行き渡仏する
    40日間かけてイタリアまで原動機付自転車で旅行する
    滞欧中、藤田嗣治と親交を結ぶ
1960 帰国時、藤田嗣治と再会、「日本に帰ったら秋田や東北がいいから一生懸命に描きなさい」と励まされる
   文藝春秋画廊(東京)にて帰国後初個展
1961 夏、津軽へ行き、ねぶた祭に感動する。津軽三味線の音色に驚き、宿の古老から瞽女のことを教えられる
1962 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く
1964 杉本キクエ瞽女を初めて訪ねる
1965- 約10年間、休暇のほとんどをさいて瞽女を取材するため越後に通う
1970 羽黒洞(東京)主催で文藝春秋画廊にて「越後瞽女日記展」を主催
1971 「星になった瞽女(みさお瞽女の悲しみ)」で第14回安井賞佳作賞を受賞する
    18年間勤めた伊東高校を退職する
1972 『越後瞽女日記』(河原書房新社)、『瞽女=盲目の旅芸人』(日本放送協会)を刊行
1973 『瞽女=盲目の旅芸人』で第21回エッセイストクラブ賞を、『越後瞽女日記』でADC賞(美術出版社)を受賞する
    映画『津軽じょんがら』のための挿入絵を制作し、考証にあたる
    劇団文化座による「越後瞽女日記」を考証する
1974 羽黒洞主催で上野松坂屋(東京)にて「津軽じょんがら―瞽女日記展」
    『津軽じょんがら―瞽女日記』(大西書店)を刊行
1975 羽黒洞主催で上野松坂屋にて「お春瞽女物語り展」
    私家版『お春瞽女物語りノート』(制作=大西祥司)を刊行
1976 イタリアのシチリア、ウンブリア、トスカーナを1ヶ月間旅行
1977 『瞽女斎藤真一画集』(毎日新聞社)を刊行。カルド・マディニオン画廊(パリ)にて個展を開催
    スイス、バーゼルのクンストメッセ出品、 3ヶ月滞欧(以後1979年まで毎年出品)
    和田芳恵著『道祖神幕』(大西書店)の挿画、装丁を手がける
1978 『絵日記瞽女を訪ねて』(日本放送出版協会)を刊行
    ドイツのアキシオム画廊(ゲルン)主催で個展のため渡欧する
    『斎藤真一放浪記』(美術出版社)から刊行
    『いないいないの国』(文:神沢利子/画:斎藤真一 童心社)を刊行
1979 池袋西武百貨店(東京)にて「さすらい・斎藤真一展」
    『斎藤真一作品集 1941~1979』(不忍画廊)を刊行
    スペインのラマンチャ、アンダルシアを旅行する
1980    『さすらい―斎藤真一画集』(講談社)を刊行
    イタリア、スイスを旅行する
    不忍画廊にて「斎藤真一・さすらい画集原画展」
    天満屋岡山店にて「斎藤真一展」
1981 カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品が収蔵される
1982 毎日新聞社主催で阪急ナビオ美術館(大阪)ほかにて「斎藤真一の世界展」
    スペイン、アンダルシア、トスカーナ、カタロニア、ランマシャ を旅行する
    不忍画廊にて「画廊コレクションによる斎藤真一展」
1983 『一寸昔』、『風雨雪』(青英社)を刊行
    ミニアチュール銅版画集『走馬灯』(美術出版社)を刊行
1985 『ぶっちんごまの女(母の記)』(角川書店)を刊行
    『紙草紙 吉原炎上』(文藝春秋)を刊行
    『明治吉原細見記』(河出書房新社)を刊行
    毎日新聞紙社・西武美術館主催で西武アートフォーラム(東京)にて「斎藤真一・明治吉原細見記展」
1986 天満屋岡山店にて「明治吉原細見記展」
    ポルトガルを旅行する
    不忍画廊にて「浪漫の女たち〈水墨淡彩掛軸シリーズ〉展」
1987 『斎藤真一放浪記』(美術出版社)を刊行
    日本橋高島屋にて「明治の吉原とその女たち―斎藤真一展」
    『明治吉原細見記』と『吉原炎上』が五社英雄監督によって映画「吉原炎上」(東映株式会社)として上映される
1989 毎日新聞社主催で阪急ナビオ美術館(大阪)にて「大正ロマンと昭和ロマン 竹久夢二と斎藤真一展」
1990 岡山県立美術館にて第7回洋画常設特別陳列「斎藤真一展」
    月刊誌『マリ・クレール』に3月号から翌年2月号まで連載された小川洋子「シュガータイム」の挿絵を描く
1991 『昭和の美術』(第6巻)(毎日新聞社)に「現代の孤独」(世田谷美術館蔵)が選ばれる
    倉敷市立美術館にて「第4回郷土作家展 斎藤真一」
1992 ポルトガルを旅行する
    不忍画廊にて「哀愁の街角ポルトガルにて斎藤真一新作小品展」
1993 フランス、ポルトガルを旅行する
    山形県天童市に出羽桜美術館分館 斎藤真一心の美術館を開館する
    同美術館にて「風にうたれ雨にぬれて…斎藤真一展」
19949月18日 逝去、72歳

[没後の主な展覧会・出版等]
1994 不忍画廊にて「斎藤真一遺作展Ⅰ」
1995 池田二十世紀美術館(伊東)にて「斎藤真一の世界―想い出の伊東展」
    不忍画廊にて「斎藤真一遺作展Ⅱ」、「斎藤真一〈瞽女シリーズ〉遺作展Ⅲ」
1996 不忍画廊にて「斎藤真一〈女〉遺作展Ⅳ」
1997 劇団文化座により「越後瞽女日記・瞽女さ、きてくんない」が再公演される。
    上越市立総合博物館にて「斎藤真一が描く、高田瞽女 越後瞽女日記展」
    不忍画廊にて「斎藤真一〈放浪〉展遺作展Ⅴ」
    東京国際フォーラムで開催されたTIAF(東京インターナショナルアートフェスティバル)不忍画廊ブースにて「斎藤真一秀作展」
1998 不忍画廊にて「斎藤真一〈自画像と旅芸人〉遺作展Ⅵ」
1999 不忍画廊にて「斎藤真一〈赫〉遺作展Ⅶ」
    東京ステーションギャラリーにて「失われし心への旅 斎藤真一展」
2000 不忍画廊にて「斎藤真一〈憂愁〉遺作展Ⅷ」
2001 不忍画廊にて「斎藤真一〈道〉遺作展Ⅸ」
2002 不忍画廊にて「斎藤真一 瞽女名作展〈GOZE〉遺作展Ⅹ」
2003 岡山県立美術館にて個展「斎藤真一 さすらい展―なつかしき故里をもとめて」
    新津市美術館にて「越後の瞽女を描く 木下晋 斎藤真一展」
    リアス・アーク美術館にて「出羽桜美術館コレクションによる斎藤真一名作展」
    不忍画廊にて「斎藤真一 初期名作展 遺作展Ⅺ」
2004 滑川市博物館にて「瞽女の境涯を描く-斎藤真一展」
    不忍画廊にて「斎藤真一グラフィックワークス 遺作展Ⅻ」
2005 不忍画廊にて「斎藤真一×野田雄一 師へ捧ぐGlass Works 遺作展ⅩⅢ」展
2006 不忍画廊にて「斎藤真一 <愛と、哀しみと。>遺作展ⅩⅣ」展
2007 不忍画廊にて「斎藤真一~哀愁の赫、放浪の蒼~遺作展ⅩⅤ」展
2008 不忍画廊にて「野田雄一×斎藤真一」展
2009 武蔵野市立吉祥寺美術館にて「斎藤真一展 瞽女と哀愁の旅路」展
2010 不忍画廊にて「瞽女 さすらい 斎藤真一」展
    『木村東介様 斎藤真一からの手紙』(羽黒洞:不忍画廊)刊行
2011 不忍画廊にて「瞽女 / GOZE 斎藤真一」展
2013 不忍画廊にて「斎藤真一展 初期名作と瞽女・さすらい」
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。