尾崎愛明

尾崎愛明 オザキアイメイ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1933 7月21日東京根津に生まれる 愛明は本名ヨシトシと読む
1940 下谷区忍岡小学校入学 上野の山と不忍池が遊び場
1944 福島県猪苗代に集団疎開 軍国少年教育を受ける
1945 終戦帰京 文京区千駄木に転居 教科書に墨をぬらされる

more...

1949 都立上野高校に入学 美術部ではじめて油絵をかく
1952 東京芸大の受験に失敗 蕨画塾に通う
1953 一浪して東京芸大に入学 教室で油絵の勉強をせずデザインの技術を独学する
1954 喀血して半年結核の自宅療養生活
1957 卒業してデザインで生計をたてる
1959 同窓生同志のグループ新表現主義から入会を誘われる
1962 4月古畑妙子と結婚 赤羽に住む
1965 友人鶴岡弘康の設立した広告制作会社創美企画に入社 12月息子玄一郎誕生
1988 創美企画定年退職
1994 朝日カルチャーセンター千葉にて油絵教室講師
2000 10月悪性リンパ腫を発症 駒込病院に入院して完治
2004 10月再発して駒込病院にて治療

[個展]
1964 第1回個展 銀座・ルナミ画廊
1966 第2回個展 「変容と還元の形態」銀座・ルナミ画廊
1970 第3回個展 「変容と還元の形態」銀座・村松画廊
1975 第4回個展 「変容と還元の形態EROS」青山・ギャルリーワタリ
1978 第5回個展 「変容と還元の形態・鳥・女・花」青山・ギャルリーワタリ
1981 第6回個展 「変容と還元の形態・EROS多肉植物系」・ギャルリーワタリ
1985 第7回個展 「単施律的エロス」上野・スペース・ニキ
1990 第8回個展 「ピンク色の博物誌」上野・スペース・ニキ
1993 第9回個展 尾崎愛明の世界展「エロスとタナトスの博物誌」伊東・池田20世紀美術館
1994 第10回個展 銀座・清月堂
1995 第11回個展「ナノ・ドラドから」青山・始弘画廊
1998 第12回個展「amorphous」青山・始弘画廊
1999 第13回個鹿「works 1993-1999」ギャラリー銀座一丁目
2005 第14回個展「amorphous・works 1995-2005」京橋・村松画廊
2006 第15回個展 尾崎愛明のEROS 銀座・井上画廊
2008 第16回個展 尾崎愛明1951-2008 調布・調布画廊

[グループ展]
1956 4入展 銀座・サトウ画廊
1960 第1回グループ新表現展[稲葉治夫・高山尚・豊島弘尚・渡辺恂三・尾崎愛明・木村一生・針生鎮郎・松本英一郎](銀座・村松画廊)
1961 第2回新表現展(銀座・村松画廊)
1963 第3回新表現展(新宿・椿近代画廊)
1964 第3回国際青年美術家展(池袋・西武百貨店)
1966 第7回現代日本美術展(東京都美術館)
1967 インテリアオブジェ展(日本橋・秋山画廊)
1968 環境ゲーム審議会展(銀座・村松画廊)
    第8回現代日本美術展(東京都美術館)
1969 第9回現代日本美術展(東京都美術館)
    第5回国際青年美術家展(池袋・西武百貨店)
1975 ポストコレクション(週刊ポスト)
1976 今日の精鋭120人展(銀座・セントラル美術館)
1979 新表現展1979(銀座・セントラルアネックス)
1980 東京都美術館新収蔵作品展(東京都美術館)
1981 私のマニフェスト'81展(仙台市民ギャラリー)
    幻想の絵画展(横浜市民ギャラリー)
1982 朝日新聞紙上創作展「おんな」
    Sept. NINE展(京橋・シマダ画廊)
    新表現展1982(銀座・セントラル美術館)
1983 第26回安井賞展(池袋・西武百貨店)
1985 新表現展-8人の鬼才たち-(伊東・池田20世紀美術館)
1987 屏風絵6人展(上野・スペース・ニキ)
1990 ポストコレクション(週刊ポスト)
1999 美の世界「非日常・エロスの世界・画家尾崎愛明」(日本テレビ放映)
    絵は風景(読売新聞掲載)
2000 CONTEMPORARY ART 新世紀へのmessage(銀座・井上画廊)
    JAPAN CONTEMPORARY ART in AMSTERDAM(Dezaajer)
2010 日本・2010展 ギャラリー檜B・C

[パブリックコレクション]
池田20世紀美術館
佐久市立近代美術館
東京都現代美術館
ニキ美術館
市川市
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。