太田三郎

creator avotor 太田三郎 オオタサブロウ
タグ

植物の種子や戦争で行方不明になった兵士モチーフにした切手作品など、郵便を素材として「時間」と「場所」の関係性をテーマに制作。
近年は一般市民と共同制作するアートプロジェクトを各地で展開している。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1950 山形県西田川郡温海町(現・鶴岡市)生まれ
1971 鶴岡工業高等専門学校機械工学科卒業 上京
     東京の写真製版会社に就職、レタッチの業務に携わる

more...

1977 家族や友人の肖像画を描き始める
1981 東京版画研究所にて版画制作を学ぶ
1980 初の個展「太田三郎個展」(シロタ画廊/東京)
1985 〈Diary〉〈Date Stamps〉『Camellia Circie』の制作を開始、毎日郵便局に通う
1985 個展「太田三郎展」(コバヤシ画廊/東京) 切手と消印の作品を発表
1990 個展「太田三郎展」(ギャラリーなつか/東京) 「Date Stamps」1000日分を発表。
1991 〈Seed Project〉の制作を開始
1992 個展「太田三郎展」(ギャラリー現/東京) 〈Seed Project〉を発表
1993 岡山県津山市に有限会社シード・プロジェクト設立
1994 〈Post War 50 私は誰ですか〉〈Stamp-map of Okayama〉を制作
1994 岡山県津山市に移り住む
1994 「人間の条件展―私たちは、どこへ向かうのか。」(スパイラル/東京、芦屋市立美術博物館/兵庫)
1995 個展「Post War 50 私は誰ですか」(コバヤシ画廊)
1995 「50年後―彼らはなぜ戦争を表現するのか―」(徳島県立近代美術館/徳島)
1996 個展「太田三郎展 Seed Project 1995」(コバヤシ画廊) 〈Seed Project 1995〉1995年1年分の種子作品を発表
1996 「写楽再見」(国際交流フォーラム/東京、以後世界各地を巡回)
1998 「メディアローグ—日本の現代写真’98」(東京都写真美術館/東京)
1998 「どないやねん!」(国立高等美術学校/パリ、フランス)
1999 個展「Post War 54 被爆地蔵」(コバヤシ画廊)
1999 「日本の現代写真Zeitgenossische Fotokunst aus Japan“Contemporary Photographic Art from Japan”」(Neuer Berliner Kunstverein/ベルリン、Staatllche Kunsthalle/バーデン、ドイツ)
2000 「Nagi Project 2000」奈義町現代美術館/岡山
2000 「 存在と日常」CCGA現代グラフィックアートセンター/福島
2000 「 太田三郎 2000-2001」西宮市大谷記念美術館/兵庫
2000 初の回顧展「太田三郎 2000-2001」(西宮市大谷記念美術館/兵庫)
2001 「Seed Project from Kanazawa, On the Beach」金沢市民芸術村/石川
2002 個展「戦争の世紀」(コバヤシ画廊) 戦争に題材を得た作品全シリーズを発表。
2002 津山市を会場にしたイベント「つやま芸術祭」立上げに参加
2004 「バードネット̶世界は繋がっている」丙申堂/山形
2005 個展「Post War 60 被爆者」(コバヤシ画廊/東京)
2006 「四国遍路「お接待プロジェクト 循環と再生」(アート蔵/愛媛)
2007 「太田三郎 On The Beach 1987-2007」奈義町現代美術館ギャラリー/岡山
2007 個展「太田三郎展 Post War 62 軍人像」(コバヤシ画廊/東京)
2008 「太田三郎 HIROSHIMA 1990-2008」大原美術館本館
2008 「有隣荘・太田三郎・大原美術館」大原家旧別邸・有隣荘/岡山
2008 「 太田三郎-日々」山形美術館/山形
2008 「平成20年春の有隣荘特別公開 有隣荘・太田三郎・大原美術館」(大原美術館) 
2008 「向き合えば省みる心―田中恒子コレクションによる太田三郎展」(ギャラリーすずき/京都)
2008 障害児の自立支援プログラムとしてのミュージアム・グッズ開発を始める。
2009 「市民交流プログラム 集めることはアートになる!」鶴岡アートフォーラム/山形
2009 「太田三郎─蔵ニ居マス」(勝山文化往来館ひしお/岡山)
2009 「自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展」(和歌山県立近代美術館/和歌山)
2010 太田三郎新作展「子供の時代」アートコートギャラリー/大阪
2010 太田三郎「出石町の家 ―日本戦没学生の手記「きけわだつみのこえ」に寄せて―」(アートスペース油亀/岡山)
2010 「ROKKO MEETS ART 芸術散歩2010」(六甲山一帯/兵庫)
2010 「岡山・美の回廊」(岡山県立美術館/岡山)
2011 太田三郎「出石町の家 ―戦後66年岡山空襲に寄せて―」(アートスペース油亀/岡山)
2011 個展「太田三郎 Post War 66 戦災痕」(コバヤシ画廊/東京)
2011 太田三郎「放蕩息の店」(ピアットノノ/岡山)
2011 「戦争と日本近代美術」(板橋区立美術館/東京)
2011 「2011中・韓・日 現代美術交流展―不期而遇―」(798芸術区四面空間画廊/北京・中国)
2011 「なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」」(和歌山県立美術館/和歌山)
2011 「Living in Arts project」(真庭市勝山エリア/岡山)
2011 「City-net Asia 2011」(Seoul Museum of Art/ソウル・韓国)
2012 個展「太田三郎 2012年春」(江寿コンテンポラリーアート、瑞雲庵/京都)
2012 太田三郎「Driftcards」−漂着絵葉書−(MIU ART BOX/岡山)
2012 太田三郎「出石町の家 ―岡山空襲に寄せて―」(アートスペース油亀/岡山)

[近年の主なグループ展]
2000 「夏草や兵どもが夢の跡:日本の現代美術Yume no Ato - What remained of the dream...: - Contemporary art from Japan -」(Haus am Waldsee/ベルリン、他ドイツ国内を巡回)
2002 「イレブン&イレブン コリア・ジャパン・コンテンポラリー・アート2002」省谷美術館/ソウル、韓国
2002 「20世紀。美術は虚像を認知した̶モナ・リサとマンモンのあいだで̶」平塚市美術館/神奈川
2003 「熊野の森 アート&ミュージックプロジェクト」和歌山県那智山一帯(那智勝浦町)/和歌山
2003 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」越後妻有6市町村/新潟
2003 「 いのちを考える 太田三郎と中学生たち」伊丹市立美術館/兵庫
2005 「空と大地を旅する 太田三郎・栗田宏一展」京都芸術センター/京都
2005 「The 1st Pocheon Asian Art Festival」Pocheon City/韓国
2007 「金庫室のゲルトシャイサー」 旧日本銀行広島支店/広島
2007 「ヘイリ・アジアプロジェクト2 日本現代芸術祭」ヘイリ芸術村/パジュ市、韓国
2008 「20世紀の人間像」群馬県立館林美術館/群馬
2009 「KAMI̶静と動 現代日本の美術」ザクセン州立美術館版画素描館/ドレスデン、ドイツ
2010 「PERSONAL STRUCTURES TIME-SPACE-EXISTENCE」Kunstlerhaus Palais、Thurn und Taxis/ブレーゲンツ、オーストリア

[作品の主な収藏先]
文化庁
国際交流基金/東京
東京国立近代美術館/東京
京都国立近代美術館/京都
北海道立帯広美術館/北海道
和歌山県立近代美術館/和歌山
徳島県立近代美術館/徳島
山形美術館/山形
町田市立国際版画美術館/東京
西宮市大谷記念美術館/兵庫
広島市現代美術館/広島
板橋区立美術館/東京
大原美術館/岡山
CCGA 現代グラフィックセンター/福島
アルベルティーナ版画美術館/ウィーン
国立ドレスデン版画素描館/ドイツ
釜山市立美術館/韓国
ソウル国立現代美術館/韓国

[受賞歴]
2000 平成12年岡山県芸術文化賞 凖グランプリ
2009 第10回福武文化奨励賞
2013 第4回 創造する伝統賞

[出典]
『太田三郎 存在と日常』(CCGA現代グラフィックアートセンター、2000)
『2000-2001太田三郎』(西宮市大谷記念美術館、2000)
『有隣荘・太田三郎/HIROSHIMA 1990-2008』(大原美術館、2008)
『太田三郎 日々』(山形美術館、2008)
Information
web
http://seedproject.jp
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。