岡本太郎

岡本太郎 オカモトタロウ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1911 年2 月26 日漫画家の岡本一平を父。歌人・小説家の岡本かの子を母として東京・青山に生まれる。
1929 年渡仏、パリでジョルジュ・バタイユらと親交を結び、抽象芸術、シュルレアリスムの運動に参加。パリ大学で哲学、社会学民族学を学ぶ。1940 年帰国。1941 年中国へ出征。敗戦後中国で俘虜生活を送ったあと日本に復員。1947 年二科会員に選出され作品を発表。その後日本アバンギャルド美術家クラブ常任幹事となる。1948 年花田清輝と共に「夜の会」を組織し芸術運動をはじめる。1952 年縄文土器に大いなる衝撃を受け「縄文土器論」を発表。1954 年「今日の芸術」を著述しベストセラーになる。1964 年東京オリンピック参加記念メダルを制作。
1970 年 日本万博博覧会シンボルゾーンの中心に「太陽の塔」「母の塔」「青春の塔」を含むテーマ館をプロデュース制作し、館長となる。以後、CM、テレビ番組をはじめとするあらゆるメディアを通じて発言と行動を続けながら作品を発表していった。
1991 年 所蔵する作品約1800 点を川崎市に寄贈。

more...

1996 年1 月7 日、急性呼吸不全のため死去。享年84 歳。死後、財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団が設立され、理事長に生涯のパートナーであった岡本敏子が就任した。
1998 年 青山の岡本太郎の住宅兼アトリエを改修し、岡本太郎記念館をオープン。
1999 年 川崎市岡本太郎美術館オープン。
2011 年は生誕100 年を記念し「TARO100 年祭」が各所で展開されている。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。