Nils Udo

Nils Udo ニルス・ウド
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1937 バイエルン州ラウフ(ドイツ)に生まれる
   チロル地方やフランケン地方で過ごしたのち、バイエルン州フュルト(ドイツ)に移る
1953-1955 ニュルンベルク(ドイツ)でグラフィック・アートを学ぶ
1956-1958 ヨーロッパ、モロッコ、中近東、ソビエト連邦を旅行/

more...

1958 イランに滞在し、画家になることを決意する
1956-1960 フュルトに戻る
1969-196年 パリで画家として活動
1970 オーバーバイエルン地方、キームガウ(ドイツ)に移る
1972 絵画制作を中断し、自然環境の中で自然の素材を用いたインスタレーションの制作を始める/
   近隣の農家から土地を借り、高木や低木を植えて最初の作品を作る
   また、作品の制作・変遷の過程をカメラで撮影し、写真作品として発表する
1984 都市空間でのインスタレーションの制作を始める
1989 絵画やデッサンの制作を再開する
1999 個展「ニルス=ウド 自然の中の芸術」開催にあわせ、作品集(NILS-UDO kunst mit Natur, Wienand Verlag, Cologne)出版

[主な個展]
1960 フランス、パリ、ジュヌ画廊
1978 ドイツ、ノイエキルヒェン、ファラツイク画廊
1980 ドイツ、ニュルンベルク芸術会館
   ドイツ、ミュンヘン、タニト画廊
1982 ドイツ、エアランゲン、ポマーヅフェルデン城
1984 フランス、リヨン、サン・ピエール現代美術館
1985 フランス、レンヌ国際会館
   フランス、パリ、クレール・ブリュ画廊
   東京、かねこ・あーとギャラリー
1986 フランス、モンペリエ、ファーブル美術館
   オーストリア、ザルツブルク、ルパチヌム
   フランス、モンベリアール現代美術センター
   東京、かねこ・あーとギャラリー
1987 「二つの季節」フランス、ヴァシヴィエール、リムーザン現代美術彫刻センター
   東京、かねこ・あーとギャラリー
   東京、玉川高島屋
   写真の発見」ポルトガル、コインブラ大学
1988 東京、かねこ・あーとギャラリー
1989 東京、かねこ・あーとギャラリー
   ドイツ、ミュンヘン、ガスタイク文化センター
1990 フランス、カーン地方現代美術基金
1991 「樹木」ドイツ、ミュンヘン、ガスタイク成人学科
   東京、かねこ・あーとギャラリー
   フランス、アンジェ新劇場
   フランス、エブリー、アゴラ劇場
1992 東京、かねこ・あーとギャラリー
   「樹木や木葉とともに」ベルギー、ブリュッセル、アトリエ340
1993 「樹木や木葉とともに」ハンガリー、ブダペスト、O.パルム・アート・ギャラリー
1995 フランス、パリ、クレール、ブリュ画廊
   東京、かねこ・あーとギャラリー
   「インドでの作品」インド、ドイツ文化センター、ボンベイ;ハイデラバード;バンガロール
   メキシコ、メキシコ・シティー映像センター
1996 カナダ、トロント、ドゥレオン・ホワイト・ギャラリー
1998 フランス、トゥーロン国立教育センター
   カナダ、トロント、ドゥレオン・ホワイト・ギャラリー
   ドイツ、ヴァルドクライブルク、文化の家
   スイス、ジュネーブ、グイ・ベルチ画廊
1999 「ニルス=ウド 自然の中の芸術」ドイツ、アーヘン、ルートヴィヒ・フォーラム/
   2001年までフランス;ヴァシヴィエール;ミュンヘン;ローゼンハイム;クロスター・ジーオン;
   ストラスブール;コールマール;ベルガモ;セレスタ;ランサローテの各美術館を巡回
   カナダ、トロント、ドゥレオン・ホワイト・ギャラリー
   東京、かねこ・あーとギャラリー
2000 フランス、パリ、ザッキン美術館
   ジュネーブ(スイス);バイロイト(ドイツ)で開催
2001 パリ(フランス);トリノ(イタリア);トロント(カナダ)で開催
2002 「ニルス=ウド展 自然へ」群馬県立館林美術館;北海道立帯広美術館;岩手県立美術館

[主なグループ展]
1978 「芸術としての写真 写真としての芸術」アメリカ、シカゴ美術館ほか
1980 「フリブール国際写真トリエンナーレ」スイス、フリブール美術歴史博物館(1等賞受賞)
   「ミュンヘンの美術家たち」ドイツ、ミュンヘン、ロートリンゲン美術家工房
1982 「北海沿岸シンポジウム」ドイツ、クックスハーフェン
   「第2回ペンタイム砂岩国際彫刻シンポジウム」ドイツ、ノルトホルン
1986 国際彫刻シンポジウム「ランドアート」ドイツ、北海、ジルト島
   国際彫刻シンポジウム「サイト」フランス、スタラスブール
1987 「テル・ハイ国際現代美術会議」イスラエル、テル・ハイ
1988 フランス、ヴェゾン=ラ=ロメーヌ、クレステ国際美術センター
   「国際彫刻シンポジウム-芸術と自然」フランス、パリ、ラ・ヴィレット
   「ふるさと芸術村-森と湖からのメッセージ-野外環境彫刻展」神奈川県藤野町
1990 「芸術が都市をひらく-フランスの芸術と都市計画」茨城県つくば美術館;大阪、国立国際美術館;
    仙台市青少年文化センター;福岡市美術館;札幌、芸術の森美術館;山梨県立美術館;横浜ビジネスパーク
1992 「橋の上の停留所」フランス、パリ、ラ・デファンス
   「ドイツ芸術家連盟展」ドイツ、アーヘン、ルートヴィヒ・フォーラム
   「バーゼル美術祭1992」スイス、バーゼル
   「芸術が都市をひらく」フランス、パリ、シャイヨー-宮フランス遺跡博物館
1993 「山上のイメージ」オランダ、ワヘニンヘン、アルボレテム
1994 「バルト海の自然」ヘルシンキ;ストックホルム;リューベック;タリンを巡回
   「等身大の美術Ⅱ」フランス、パリ、クールヌーヴ公園
1995 「街への入口-エブリー市プロジェクト・プロポーザル」フランス、パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館
1997 「第5回トロイスドルフ・シンポジウム」ドイツ、トロイスドルフ
1998 「芸術と自然」アメリカ、サンタモニカ、リコ・ギャラリー
   「アフィニティーズ・アンド・コレクションズ」アメリカ、エスコンディード美術センター

[主なインスタレーション、フィールド・ワーク、プランニング]
1972 《大地の彫刻》ドイツ、キームガウ
   《鳥》ドイツ、キームガウ
1973 《グスタフ・マーラーに捧ぐオマージュ》ドイツ、キームガウ
1977 《季節シリーズ》夏と冬の光景を対比させた写真作品/1992年まで制作
1978 《巣》ドイツ、リューネブルガー・ハイデ
1982 《水の家》ドイツ、北海沿岸、クックスハーフェンの干潟
   《塔》ドイツ、ノルトホルン
   《大きな水の祭壇》ドイツ、バイエルン地方、エアランゲン、ポマースフェルデン城公園
1984 《飛ぶ森》フランス、リヨン、テートドール公園
1985 《エクヴィレイで21日間プロジェクト》フランス、エクヴィレイ
   《ブレスト・エオル公園設計プラン》ルイ・モヌリと共作/ブレスト・エオル公園設計国際コンペ1等賞
受賞
1986 《二つの季節プロジェクト》フランス、リムーザン地方、ヴァシヴィエール湖/1987年も実施
   《ジルト島プロジェクト》北海、ジルト島
   《ヒースの植栽》フランス、ストラスブールオランジェリー公園
1987 《二つの季節プロジェクト》フランス、リムーザン地方、ヴァシヴィエール湖
   《広重に捧ぐ》東京、玉川高島屋
   《竹の家》ポルトガル、コインブラ大学植物園
   《テル・ハイ・プロジェクト》イスラエル、テル・ハイ
1988 《ラヴェンダーの巣》フランス、プロヴァンス地方、ヴェゾン=ラ=ロメーヌ近郊、クレステ
   《ブレスト・エオル公園》フランス、ブレスト
   《十字架》フランス、パリ、ラ・ヴィレット
   《竹の巣》神奈川県藤野町
1989 《ポプラの木立》ドイツ、ミュンヘン、カブツイネアヘルツル園芸大学入口
   《木》ドイツ、ミュンヘン、ガスタイク文化センター中庭
   《ラ・レユニオン・ア・パリ・プラン)フランス革命200周年記念事業として文化省補助金獲得
1990 《ハンノキの王》フランス、カーン
   《レユニオン島プロジェクト》インド洋、レユニオン島
1991 《マルティニック・プロジェクト》アンティル諸島、マルティニック島
   《セントラル・パーク・プロジェクト》アメリカ、ニューヨーク、セントラル・パーク
1992 新凱旋門前のインスタレーションと植栽 フランス、パリ、ラ・デファンス
   《森、ロマンティックな風景》ドイツ、アーヘン、ルートヴィヒ・フォーラム
   《血を流す木》スイス、バーゼル
    インスタレーションと植栽 フランス、パリ、ファイヨー宮フランス遺跡博物館
   《滝のある風景》ベルギー、ブリュッセル、アトリエ340
1993 《青い花の谷》オランダ、ワヘニンヘン、アルボレテム
   《青い花の谷》フランス、カオール近郊ラグゼット城公園/1994年完成
   《湖のある風景》ドイツ、コトブス近郊プリッツェン・1995年完成
1994 《1000の水仙》ブルト海、リューゲン島
   《クールヌーヴ公園プロジェクト》フランス、パリ、サン=ドニ、クールヌーブ公園
   《自然=身体プロジェクト》フランス、マルジェンヌの森、レームの森/ヴァランシエンヌ大学学生との共同プロジェクト/1995年も実施
   《竹の巣 Ⅱ》神奈川県藤野町/1988年の作品《竹の巣》に手を加える
   《ニュー・デリー・プロジェクト》インド、ニュー・デリー
   《とうもろこし》フランス、ポー
   《街への入口プラン》フランス、エブリー/ジル・クレメンツ・ジェローム、ジェフロワ・デュシャンと共作
1995 《自然=身体プロジェクト》フランス、マルジェンヌの森
   《根の彫刻》メキシコ、メキシコ・シティー、チャプルテペク公園
   ピーター・ガブリエルのCD-ROMソフト《イヴ》に作品提供/《水の巣》(イギリス、ボックス、リアル・ワールド・スタジオ)制作
1996 《青い花/ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンのための風景》ドイツ、ミュンヘン近郊、グロン
   《家プラン》ハノーヴァー万国博覧会2000モニュメント計画
   《青い木立》オーストリア、ザルツブルク精神医学クリニック
   ピーター・ガブリエルのミュージック・ビデオ《アクロス・ザ・リバー河を越えて》(WWF・世界自然保護キキンキャンペーン「リヴィング・プラネット 生きている惑星」テーマソング)に作品提供/
   《バンクーバー島プロジェクト》(カナダ、バンクーバー島)実施
1997 《自然=建築=彫刻》ドイツ、ケルン近郊トロイスドルフ/1998年完成
1998 《レッド・ロックの巣》アメリカ、カリフォルニア、サンタモニカ近郊、レッド・ロック・キャニオン
   《ノヴァーリスの森-青い花》ドイツ、アウグスブルク大学法学院
1999 バイロイト大学(ドイツ)のためにデジタル・スプレー・プリントによる作品2点を制作
   イヴ・サン・ローラン社に作品提供/《眠れる森の美女》(フランス、パリ自然史博物館付属植物園)制作
2000 ゲラン社に作品提供/アフリカのナミビア砂漠でインスタレーション制作
   《飛びあがる芝》フランス、パリ、ザッキン美術館
   《住居》フランス、パリ、シャンゼリゼ庭園
2001 《石=時間=人間》ドイツ、バートバーレブルク、ヴィトゲンシュタイン・ザウアーラント彫刻の道
   《竹のライン》インド洋、レユニオン島
   《竹の谷》カナダ、セントキャサリンズ
   《青い森》イタリア、マグリオーネ
   《モミノキノデッサン》スイス、ジュネーヴ
2002 ネアンデルタール峡谷(ドイツ)、モンクトン大学(カナダ)でインスタレーション制作
   群馬県立館林美術館、北海道立帯広美術館、岩手県立美術館でインスタレーション制作
                        [鎌田 亨(北海道立帯広美術館学芸員) 編]
*記載事項は、作者から提供されたデータ及び作品集「ニルス=ニド 自然の中の芸術」(NILS-UDO Kunst mit Natur,Wienaand Verlag, Cologne,1999)所載の年譜に基づいた。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。