森狙仙

森狙仙 モリソセン
タグ

1747年(寛延元年) - 1821年8月18日(文政4年7月21日)
日本の江戸時代後期の絵師。通称は八兵衛、名を守象、字は叔牙。号としては祖仙、如寒斎、霊明庵、屋号の花屋も用いた。
狩野派や円山応挙などの影響を受けながら独自の画風を追求し、養子森徹山へと連なる森派の祖となった。主として動物画を描き、とりわけ得意とした猿画の代表作として『秋山遊猿図』がある。
残されている作品は猿を描いたものが圧倒的に多い。柔らかな体毛の質感を表現する技術、個々の猿の生き生きとした表情やユーモラスな仕草を描く構成力、巧妙な擬人化による親しみやすさなど狙仙ならではのものである。また、その他の動物画にも秀逸なものが少なくない。反面、山水画や人物画は殆ど無い。

出典 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%8B%99%E4%BB%99

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。