Moïse Kisling

creator avotor Moïse Kisling モイズ・キスリング
タグ
Biography
1891年1月22日 - 1953年4月29日
エコール・ド・パリ(パリ派)のポーランド人画家。本名はモイジェシュ・キスリング(Mojżesz Kisling)。
キスリングは、20代後半には画家として成功し、パリ派の陽気で面倒見の良いリーダーだった。「モンパルナスの帝王」とも呼ばれた。自殺したパスキン、アルコール中毒のモディリアーニ、ユトリロなど破滅型のイメージの強いエコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく幸福な生涯を送った画家である。
スイス・ジュネーヴのプティ・パレ美術館に、世界最大のコレクションがある。
(出典元:wikiepdia, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0)
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。