宮田亮平

宮田亮平 ミヤタリョウヘイ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
新潟県佐渡市出身の金属工芸家。東京藝術大学学長(第9代)。
佐渡の伝統工芸「蝋型鋳金」技術保持者の二代目宮田藍堂(みやた らんどう)を父に持つ(初代藍堂は祖父、三代目藍堂は長兄の宏平(1926年 - 2007年)で元東京藝術大学工芸科教授)。金属工芸家の宮田琴は娘。金属工芸家の山下恒雄(やました つねお)(元東京藝術大学工芸科教授)の弟子でもあった。
東京芸術大学教授として鍛金技法研究の指導にあたる一方、工芸家としても活動し、その作品は日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧が催されている。イルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある

more...

1945 新潟県佐渡市に生まれる
1964 新潟県立佐渡高等学校卒業
1970 東京藝術大学美術学部工芸科卒業
1972 東京藝術大学大学院美術研究科(工芸・鍛金専攻)修士課程修了
1973 東京藝術大学美術学部研究生卒業
    東京藝術大学美術学部非常勤講師
1984 東京藝術大学美術学部助手
1988 東京藝術大学美術学部講師
1990 東京藝術大学美術学部助教授
1990-1991 文部省在外研究員としてドイツに約1年派遣
    ハンブルク美術工芸博物館(英語版)にて研修
1997 東京藝術大学美術学部教授
2001 東京藝術大学美術学部長
2004 東京藝術大学理事(教育担当)・副学長(教育担当)
2005 東京藝術大学学長就任

出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E7%94%B0%E4%BA%AE%E5%B9%B3
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。