宮下怜

creator avotor 宮下怜 ミヤシタサトシ
タグ

カートゥーンアニメやクレイアニメーションの繰り返されるメタモルフォーゼ。
柔軟性や曲線、変形してゆく軽やかさに対して、窯の炎の中で硬質化していく粘土の重み。
主に陶を素材とした彫刻作品やクレイアニメーションを発表し、伝統陶芸とは異なる視点での表現を追求してきた宮下怜。
古代より続く作陶の伝統の中で残されてきた遺物と、幼少時代から魅力を感じ続けているカートゥーンを組み合わせ具現化し「重みのあるカートゥーン」を焼き物の持つ二面性で表現している。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1992 東京生まれ
2016 多摩美術大学工芸学科 卒業
作陶を中心にアニメーション、イラストレーション等、幅広く活動

more...

[個展]
2016 「utopia?」ギャラリーなつか/東京
2018 「玩具焼」ギャラリーなつか/東京
2018 「Cray!」FAITH/高円寺

[グループ展]
2014 「たまびやき」多摩美術大学工芸学科選抜展(ギャラリーなつか)
2015 「natural high」宮下怜× 西村卓 展(ギャラリー檜b・c)
2015 「武蔵美美術部展」ビリケンギャラリー/東京
2015 「unreal」多摩美術大学芸術祭混合学科展示企画・出品 混合学科展示大賞受賞
2016 「『STRANGER』宮下怜×川名晴郎展」ギャラリー檜/東京
2016 「BUSAN ZOMBIE」yoojin gallery/釜山、韓国
2017 「TOKYO ZOMBIE」 ANAGRA/東京
2017 「冬の虫」ビリケンギャラリー/東京
2018 「MASK展」ANAGRA/東京
Information
web
http://tackle05083.wixsite.com/tackle
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。