宮芳平

宮芳平 ミヤヨシヘイ
タグ

1893-1971

1893年(明治26年)新潟県堀之内町に生まれた。日本海に沈む夕日の美しさに感動して画家になることを決意し、上京後、東京美術学校に入学する。1914年(大正3年)第8回文部省美術展覧会に作品「椿」を出展するも落選、審査主任であった森鴎外を訪ねたのが縁で、以後、知遇を受けるようになる。文豪と画学生とのさわやかなこの交流を、鴎外は短編小説『天寵』に著した。

1915年(大正4年)第9回文展に入選後、日本美術学院洋画部にて村山槐多、山崎省三らと共に学ぶ。その後、新潟県柏崎、神奈川県平塚と移住しつつ、中村彝に師事し、曾宮一念とも生涯にわたる交友を結ぶ。 1923年(大正12年)諏訪高等女学校(現諏訪二葉高校)に、彫刻家清水多嘉示の後任として赴任し、美術教師として多くの教え子たちに愛された。戦後は国画会出展を中心に自己の画境を進め、晩年にはエルサレムなどの聖地を巡礼し、敬虔な祈りのうちに、1971年(昭和46年)京都で生涯を閉じた。

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。